2016年12月4日日曜日

チャンピオンズC展望 2016


予想
ルメールJが跨るコパノリッキーが、そこまで無理をして行くとも思えないし、
先行争いしそうなアスカノロマン&モンドクラッセは、今年の東海Sである程度
ゆったりした流れから→行った行ったを演じた2頭。

道中の水準はやはり高くなるものとして考えたいが、前半に関しては今年は少し
落ち着いた展開(ミドルペースくらい?)になるのかも知れない。
当然考え方としては、前寄りの馬を中心に置きたいところ。

◎コパノリッキー
このレースでは結果を残せていないが、一昨年はスタートで躓いて(?)後ろ
からの競馬になっての負けだし、昨年は激しい先行争いから厳しい流れになって
→前が崩れた展開なので、7着でもむしろ粘った方。ともに度外視できる。
それを除けば、同舞台の東海Sでは相当に強い競馬を見せている馬。
前走にしても、川崎ダ2100mは明らかにアウォーディー&ホッコータルマエ向き
という舞台なので、それらに対して勝負に行っての負けは(最後他の2頭に交わ
されたことも含めて)全く問題ないし、距離短縮して、スピード持続要素が強く
問われるここでの巻き返しは必至に思える。期待しておきたい。

○アウォーディー
基本的には(純粋な)持久力&パワーというタイプで、川崎ダ2100mは最も得意
かも知れない…と思えるような舞台なので、そこでのG1制覇は納得。
むしろ、持続的な要素が問われた日本テレビ盃で、モーニンより斤量が2kg軽い
条件での辛勝…というのは、それでいいのか?と思う。
もちろん、道中でかなり脚を使う格好から→しっかり勝ち切ったアンタレスSの
内容を持ち出せば、とりあえず文句はないが、全幅の信頼までは置きづらい。
芝時代、個人的に追い掛けていた時にはあと1つ結果を残せず、現在、ダートで
大人気の中で推すというのも何だか癪。もう1つここを見てから。

▲モーニン
前走は、レコード決着で、後半に11秒台を刻み続けるようなスピードに寄った
展開になり、その中で直線かなりゴチャついて、スピードに乗りたいところで
乗れなかった格好なので、59kgを背負ってそこからの巻き返しは難しくて当然。
とりあえずは度外視できるはず。
タイプ的にも、もう少しラストの粘りを活かしたい馬には思えるし、その点、
アウォーディーを相手にして、2kgの斤量差がありつつ競り合いまで持ち込んだ
日本テレビ盃はしっかり評価しておきたいところ。
(1800mでの)道中の裏付けの部分で評価はここまでだが、可能性は考えたい。

注ノンコノユメ
昨年の2着は、相当に前掛かりな展開の中で、位置取り的に恵まれた部分も当然
あるが、元々道中~上がりで高い持続力を発揮出来るタイプではあるため、この
舞台自体には基本的にはまる。
その適性から言えば、前走のようなスタミナ条件で負けたことは、全く問題には
ならないし、むしろそこで1度叩いて、ここでしっかりした前進を示す可能性の
方が高そう。
結果的に評価はこの位置だが、可能性としては頭まで考えたい存在。

△アスカノロマン
前走は、さすがに物足りなさはあるものの、水準があまり高くない流れを、中団
から上がりでしっかりした脚を使った3頭が上位を占めたレース。
その中で自身は、スタート直後に脚を使って&終始外を回しつつ、4角で早めに
捲られ→(その影響で)直線少し狭くなった格好なので、仕方ない部分はある。
元々アンタレスS&平安Sでは、道中で相当に脚を使う格好からしっかりとした
粘りを見せて、高い地力を示しているし、このコース自体も2戦2勝。
前走の敗因が単純に状態…とかでなければ、やはり注意はしておきたい存在。

☆ロワジャルダン
昨年の4着は、ハイペースを後ろから浮上した格好なので、さすがに恵まれた
部分は大きい。
もちろん自身も道中でかなり高いラップを踏んでいるため、一定の地力は当然
認められるし、今回もある程度浮上する可能性はあるが、本質的にこの舞台に
対しては、ややスピードの方に寄り過ぎている印象で、ここで勝ち負けを争う
ところまではさすがに考えづらい。あくまで圏内候補。

☆ラニ
前走&前々走はともに、ベルモントS3着の実績から考えると、少し物足りない
ような結果だが、パフォーマンス的には、どちらも道中~上がりで高い内容を
示していて、単純に出番が回ってくればいつでも好走はあり得る。
その点、ここは普段間に合わない馬が間に合う…という舞台ではあるので、条件
的には前進する可能性もあるのだが、このレベルではある程度好位から押し通す
馬は確実にいるはずなので、結局は微妙…。川崎記念まで待ちたい。

☆サウンドトゥルー
タイプ的に、上がりがしっかり掛かる粘り勝負でこそ…という馬で、昨年3着は
厳し過ぎる展開で前が崩れたレースなので、その適性にピッタリはまった結果。
今回は、ある程度は流れたとしても、そこまでの展開になるとはさすがに思え
ないし、その時の再現は少し難しそう。
地力はあるので、浮上の可能性は一応考えたいものの、上手くいっても掲示板
前後…くらいの感覚。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事