2016年12月25日日曜日

ホープフルS展望 2016


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.5-11.5-12.6-12.7-12.8-12.2-12.2-12.1-11.5-11.7
2014 12.8-10.9-12.5-12.8-12.5-11.8-12.7-12.5-11.6-11.8

~OP時代~
2013 12.7-11.3-12.1-12.3-12.2-11.9-12.1-12.3-12.4-12.7
2012 12.5-11.0-12.0-12.5-12.8-12.3-12.6-12.1-11.7-12.1
2011 12.2-10.8-12.2-12.9-13.1-12.4-12.8-12.0-11.1-11.9
2010 12.2-11.0-11.7-12.7-12.6-12.7-12.6-11.7-11.5-11.7
2009 12.2-11.7-12.0-12.2-12.4-13.3-13.0-12.2-11.4-11.8
2008 12.2-11.0-12.1-12.7-12.3-11.9-12.6-12.4-11.2-12.0
2007 12.7-11.8-13.0-12.9-12.6-11.8-12.2-12.0-12.0-12.9
2006 12.4-11.1-11.3-11.8-11.9-12.3-12.5-12.7-12.4-12.7

過去10年の平均ラップタイム
12.44-11.21-12.15-12.55-12.52-12.26-12.53-12.20-11.68-12.13
2.01.67




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れで、道中は
一旦は落ち着くものの極端には緩まない展開になって、ラスト3F~2Fである程度
しっかり加速しつつ→最後だけ少し落ちる形。

このレースは、前半でそれなりに引っ張られつつ、道中もある程度高い水準での
追走が求められることから、「勝負所での余力勝負」という印象が強く、まずは
純粋に持久力の高さが問われることになる。

それをクリア出来ることを前提にして、展開的にはやはり大きな加速が入る形に
なるので、その中でしっかり動けるような"切れ"を備えていることが(勝ち切る
ためには)重要になりそう。


好走の条件
・高い持久力を備えていること
・(切れがあること)


予想

◎レイデオロ
前走は、水準高く&仕掛けも早い展開を後方から進めて、最後は余力を残した
格好での差し切り。
位置取り的に恵まれた立場ではあったが、相当に強い内容だったと言える。
タイプ的には、馬体を持て余している印象も多少あるので、本来は広いコースで
(&真っ直ぐに力を使う形で)こそという気もするが、パフォーマンス的には、
やはり周ってくれば普通に勝ち負け…なはず。期待しておきたい。

○ベストリゾート
前走は、道中を高い水準で進めつつ→上がりをしっかりまとめる形で差し切って
一定の持久力を示したし、前々走も、新馬戦としては水準が高く&仕掛けも早い
展開を、位置取り的に逆境の立場でハナ差に粘った…という2着。
タイプ的にも、東京よりも中山という印象だし、前走から更に前進を示すことが
出来れば、(適性的に)頭の可能性もなくはない。
どう考えてもここは相手が中心だが、とりあえず今の人気は低過ぎな印象。

▲サングレーザー
前走は、位置取り的には恵まれた方だが、パフォーマンス的にはここでは十分
上位に扱えるし、前々走も、ペースは緩かったとは言え、向こう正面から捲る
ような競馬で、最後まで伸び切った強い内容。(その時に倒した相手はG1馬)
上の2頭と比べると地力の裏付けで現状では劣るので、評価としてはここまでに
なるが、あっさり更新して勝ち切る可能性もなくはなさそう。注目したい。

注メリオラ
新馬戦は、1頭がかなり飛ばす展開に引っ張られて、結果的に道中をそれなりに
高い水準で進めつつ→しっかりと上がりをまとめた内容。
最後猛然と迫って来たスワーヴリチャードを抑え切ったことも含めて、ある程度
評価はしていいはず。
今回は状態面での上積みもあるだろうし、可能性としては当然考えておきたい。

△アドマイヤウイナー
デビュー戦&札幌2歳Sで、道中をかなり高い水準で進める形で結果を出して、
地力では普通に上位扱い。
前走の負けは、相手関係的にも微妙な印象ではあるが、北海道での、上がりの
掛かる展開での強さを考えると、京都よりは中山だろうし、切れ負けのリスクは
あるものの、やはり好走の可能性はしっかり考えておきたい存在。

△マイネルスフェーン
前走は、大外枠発走で後方からの競馬だったが、道中~直線に掛けてジワジワと
脚を使い&勝負所もかなり外を回しつつ、最後までしっかり押し通しての勝利。
結果的にある程度高い水準のパフォーマンスになっているし、ここでも地力では
上位に扱っていいはず。
今回どのような競馬になるのかは分からないが、一応可能性は考えたい。

△ショワドゥロワ
前走は、結果的には最後勝ち馬には離されているが、厳しい展開を道中で(勝ち
馬よりも)脚を使った格好での5着。
その内容だけを考えれば全く悪くないし、ここでもある程度上位に粘る可能性は
あっても良さそう。
とにかく(前走は相手が強過ぎたというだけなのに)今の人気は低過ぎる。

☆コスモス
これぞ名前先行の非常に困る存在…。
ひばり特別競走 12.9-12.3-13.6-13.1-12.4-13.1-13.0-13.6
スパーキングデビュー 13.1-12.1-13.6-12.3-13.2-13.7-13.6
地方での2戦は、ともに前半&勝負所の早い段階で脚を使って→後ろを潰す形で
押し切った内容。確かに一定の持久力はあるのかも知れない。
それでも、最後13秒台を並べたラップが、芝&距離延長&一定の切れが問われる
展開につながるとはさすがに言えない…。静観。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事