2017年11月3日金曜日

京王杯2歳S展望(ラップ傾向&予想)2017



過去のラップタイム


2016 12.4-11.4-11.9-12.0-11.3-11.2-11.7 35.7-34.2
2015 12.8-11.4-12.3-12.6-11.4-10.8-11.3 36.5-33.5
2014 12.5-11.1-11.8-12.0-11.5-10.9-11.7 35.4-34.1
2013 12.8-11.8-12.1-12.1-11.5-11.0-11.8 36.7-34.3
2012 12.7-11.3-11.6-11.9-11.3-11.0-11.4 35.6-33.7
2011 12.3-11.2-11.8-12.2-11.5-11.2-11.9 35.3-34.6
2010 12.5-10.9-11.7-12.4-11.7-11.0-11.6 35.1-34.3
2009 12.5-10.8-11.3-12.0-11.7-11.3-12.4 34.6-35.4
2008 12.4-10.9-12.1-12.1-11.4-11.0-11.7 35.4-34.1
2007 12.4-10.9-11.7-12.2-11.9-11.4-12.2 35.0-35.5

過去10年の平均ラップタイム
12.53-11.17-11.83-12.15-11.52-11.08-11.77
1.22.05 35.53-34.37




ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半はこの距離としてはゆったりとしたスタートから、
道中は4F目がしっかり緩む展開、その後はラスト3F~2Fにかけて大きく加速して
上がりの速い形となる。

このレースでは、各年の間でのラップのバラつき(特にラスト4F~2Fの部分)が
小さくなっていて、展開的にはほぼ確実に一旦落ち着いてからの加速勝負が想定
できるため、当然重要になるのは勝負所での"切れ"ということになる。

また改修後の東京では、ラスト3Fからスパートすることが多いのだが、ここでは
各馬がじっくりと待ってから仕掛けるためか、ラスト2Fのラップが最も速い形に
なっていて、そのこととスローからの上がり勝負…という展開が重なることで、
脚質的にはやはり前の馬有利となる。

ただし前から進める馬でも、適性的に加速についていけなかったり、そもそも
1400mのリズムに合わなかったりするようでは話にならないので、脚質よりも
まずはその点を見極めておくことが先決だと言えそう。


好走の条件
・切れ(&最低限のスピード耐性)があること



予想

◎ピースユニヴァース
同コースの前走は、こことほとんど同じ水準での勝利で、軽斤量の相手とは
接戦になったものの、反応良く、しっかりとした脚を見せた。
その前の2戦に関しては、新馬戦は早仕掛けから→4角で大きな不利を受けた
内容、前々走はコーナーで外を回しつつ→早い段階から脚を使って伸び負けた
内容で、どちらの敗戦も大きく捉える必要はないはず。
実力&適性を示していながらオッズはかなり甘く、ここは当然推したくなる。

○タイセイプライド
前走は、飛ばした1頭に引っ張られて、ある程度高い水準から→しっかりと
加速する形での勝利。(正直に言えば新潟2歳Sで待っていた馬)
新馬戦でも、直線で余裕の加速を見せて完勝していて、一定の地力&切れを
十分に示している。
結果的には、相手に期待する意味で2番手評価にはなったが、可能性としては
当然頭まで考えたい。

▲タワーオブロンドン
前走は、位置取り的には明らかに恵まれた立場だったが、極端に厳しい展開を
差して→突き抜けた内容。地力では当然上位に扱っていいはず。
ただしタイプ的には、重厚感があり、少し細かく刻む走法をするため、長い
直線での切れ勝負には疑問を感じなくもない。
新馬戦は直線勝負で勝っているので、全くダメということはないだろうが、
少なくとも人気ほどの信頼感は正直ない。

注エントシャイデン
前走は、新馬戦としてはまずまず水準から→しっかりとした決め手を発揮。
とりあえずセンス、切れという点では1番かも。
ただし最後はパタッと止まっているように、地の強さという点ではどうか?
という部分があって、ここの(絶対的な)スピードへの対応はやや不安。
もちろん、ペースがしっかり落ち着くようなら、可能性はある。

△カシアス
重賞を勝ち切っているのだから、地力では当然上位の存在。
ただしデビュー戦での負け方と、その後の2戦の勝ち方からは、切れという
よりも持続という印象を受けるタイプ。
アサクサゲンキとの比較では、粘りよりも脚が続く方がマシ…という考えで
こちらを上に取ったが、結局ここにピッタリとはいかない。

△アサクサゲンキ
前走は、激しい先行争いには加わらなかったものの、差し有利な展開で高い
位置取りから進めての押し切り。しっかりと地力を示した。
それでもこの馬には、2戦目の内容などから、あまり加速感がない…という
印象があり、ここの緩む展開で得をするとは思えない。
ある程度粘り込む可能性はあっても、結局は差されそう。相手の1頭まで。

☆マイティーワークス
新馬戦の水準はかなり高くて、地力では十分上位に扱える存在。
しかし、2戦目の上がり勝負には全く対応出来ないように、切れという点では
はっきりと不安があって、ここの展開に向くか?と言えば微妙。
あくまでここは、流れが速くなった場合の相手候補の1頭として。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。