2017年11月26日日曜日

京阪杯展望(ラップ傾向&予想)2017



過去のラップタイム


2016 12.2-10.8-11.1-11.5-11.7-13.0 34.1-36.2
2015 12.5-10.7-10.8-10.9-11.2-11.3 34.0-33.4
2014 12.4-11.2-11.1-11.0-11.0-11.6 34.7-33.6
2013 12.3-10.8-11.0-10.8-11.1-11.5 34.1-33.4
2012 12.2-10.7-11.4-11.4-11.3-11.5 34.3-34.2
2011 12.5-11.1-11.0-11.1-11.0-11.4 34.6-33.5
2010 12.2-10.7-11.0-11.0-11.5-11.6 33.9-34.1
2009 12.0-10.4-10.7-11.1-11.4-12.0 33.1-34.5
2008 12.5-10.8-10.9-10.8-11.4-11.7 34.2-33.9
2007 12.3-10.6-10.9-11.2-10.9-12.0 33.8-34.1

過去10年の平均ラップタイム
12.31-10.78-10.99-11.08-11.25-11.76
1.08.17 34.08-34.09




ラップ傾向

(過去記事の一部修正)

ラップタイムを見れば、スタート直後はそれ程速くはならないものの、道中は
かなり速いペースを保って流れていて、ラスト1Fだけ少しラップが落ちる形で、
全体としては前後半イーブンに近い展開。

この流れで問われるのは、何と言ってもスピード持続力で、ハイペース持久力
勝負を地力の高さで浮上するタイプよりも、(切れを発揮できるなど)純粋に
スピード性能の高いタイプの馬に向いている。

実際かなりの道悪になった16年を除けば、過去馬券に絡んだ馬で前傾の内容を
示しているのはサンアディユのみで(それも33.9-34.0というコンマ1秒だけ)
他はイーブンもしくは完全に後傾の内容を示しており、とにかくここでは速い
上がりが使えることを重視したい。


好走の条件
・スピード持続力があること



予想


◎ソルヴェイグ
元々は粘ることが身上というイメージの馬だったが、ヴィクトリアマイルの
上がり勝負にも対応して、前走では、ミドルペースからしっかり速い上がりを
使って押し切った。
キーンランドCのハイペースを粘り込んだように、言うまでもなく地力は確か
だし、現状展開にも依らないのであれば、当然これは推したい。

○ヒルノデイバロー
前々走では、同舞台で究極的な決め手を発揮してしっかり勝ち負けしたし、
前走は、内からの恵まれた立場ではあったものの、一応格の高い舞台で好走。
適性が高そうで、尚且つ状態が充実しているとなれば、当然これは候補の1頭
ということにはなる。
ポジションさえしっかりと確保出来れば、頭まで十分あっていいはず。

▲アットザシーサイド
マイルでは、しっかり溜めて→真っ直ぐに力を使ってこそ…というメリハリが
重要なタイプだったはずだが、スプリントでは、この2戦早い段階から仕掛け
→そのまま押し通す…という持続力を発揮した内容。
当然上がりの脚はあるし、適性的にはここにはまっても良さそう。
外枠がどうか?という部分はあるが、やはり高い評価にはしておきたい。

注ラインスピリット
昨年は道悪で結果を出せなかったが、まずまずの水準から→しっかりと持続
できるタイプで、実際にこの舞台では、シルクロードSやオパールSで高い
パフォーマンスを示している。
今回内枠に入って、それなりの位置取りでロスなく回って来れば、好走は十分
あって良さそう。オッズ的にも魅力。

△セイウンコウセイ
この2走がはっきりとコケたので、さすがに状態がどうなのか?という部分は
あるが、シルクロードSなど、ここは高いパフォーマンスを示している舞台。
実力&適性は、当然上位の扱いになる。
斤量面でも、同年のスプリントG1を勝ち切っている馬が、別定戦で何1つ
加算されない不思議なルール。とりあえず注目はしておきたい。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事