2020年9月16日水曜日

京成杯オータムハンデ回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 淀みのない流れから→最後は少し落ちる展開。
  • 持続力(&一定の持久力)が問われた。

京成杯AH結果

トロワゼトワル1.33.9 35.3 04-02-02
スマイルカナ1.33.9 35.6 01-01-01
ボンセルヴィーソ1.33.9 35.2 02-03-03
ジャンダルム1.34.1 35.3 02-05-06
シゲルピンクダイヤ1.34.2 35.2 04-06-06

天候:曇 芝:良
上り4F:47.2 3F:35.6
前半4F:46.7
12.4-11.1-11.5-11.7-11.6-11.7-11.7-12.2



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、(速くはないが遅くもない)まずまずの入り方から、
このコースらしく淀みのない流れになって、最後は少しだけ落ちる形。

はっきりと好位の決着で、レースを観た直後は超スローかと思ったくらいだが、
馬場を考えればそこまでではない。(中の上くらいの)ミドルペース一貫という
展開で、上がりはそれなりに掛かった扱い。
適性的には、持続力(&一定の持久力)というレースだった。

実際、34秒台の脚を使ったのは後方からの3頭だけ。周って来るだけで負荷が
掛かる馬場で→末が伸びなかったのか、しっかりとした"溜め"が入らない展開に
削られたのか分からないが(たぶん両方)、ともかく、単なる「開幕週&スロー
⇒前残り」とは少し違っているイメージ。

この先に向けては、とりあえずは上位の持続力を認めつつ、後ろから負けた馬の
巻き返しにも注目…といったところ。(レース全体として…というより)個々の
挙動をしっかりとチェックして、次戦以降で上げ下げをしたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

トロワゼトワル
無理せず相手に行かせて→ジワっと番手。道中もじっくりと進めつつ→交わす
だけ…という内容での勝利。
持ち前の持続力を発揮した格好だが、実質トップハンデ(タイ)の斤量を背負う
立場ではあったし、何よりもこんな競馬が出来るなら…というところで、やはり
収穫は大きい。(鞍上のコメントからも)年齢を重ねての"落ち着き"が窺えて、
その点で格を上げた感はある。
この先の舞台では、末を伸ばせるか?というところが問題にはなるだろうが、
トップでも「出来ていい」位置には到達している…とは考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事