2020年9月9日水曜日

小倉2歳ステークス回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 実質的に厳しい流れから→上がりをしっかりとまとめる展開。
  • 高い持久力が問われた。
  • 差し馬優勢。

小倉2歳S結果

メイケイエール1.09.6 35.1 05-04
モントライゼ1.09.8 35.7 02-02
フォドラ1.10.5 36.0 05-04
ルクシオン1.10.8 35.9 08-08
フリード1.10.8 36.9 01-01

天候:雨 芝:重
上り4F:47.3 3F:35.7
前半3F:33.9
11.7-10.6-11.6-11.8-12.1-11.8




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、スタート直後が速い流れから、後半は徐々に落ちていき
つつも→最後は加速という形。

雨の影響で、このレースの時間帯にはかなり馬場が悪化していて、それを考慮
すると、やはり前半は厳しい流れ。当然高い持久力が問われたはず。
脚質的にも、(掛かって動いた馬も含め)前には難しくなり、少しでも控えた
馬が優勢になった。

ともかく今回は、後ろを離した2頭の競馬。
ラップ(ラスト1F)は、前後が入れ替わった時の特徴的な形だが、積極的な内容
だった2着馬のところで考えても、加速を示す扱いになる。

その部分は、シンプルに"強さ"を示している雰囲気だし、とりあえずは両者の
今後の活躍に期待…という結論にしておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

メイケイエール
展開に対する位置取りはハマった方だが、前半部分で掛かり気味に押し上げる
格好ではあったし、直線も余力を感じさせる雰囲気での差し切り。
パフォーマンスもしっかりと更新してきたし、その実力は当然認めたい。
持続的な脚使いが出来る点から、この先、少なくとも1Fの延長は問題ないとは
思うし、活躍の場は狭くはなさそう。しっかりと注目していきたい。

モントライゼ
厳しい前半を受けて立ちつつ、上がりもしっかりとまとめた内容での2着。
展開的に逆境の立場から残った地力は、当然認められる。
これまでの競馬は、形としては後傾だった中で、今回前傾の内容でしっかりと
好走出来たことは収穫だし、この馬も適性の幅はある程度広そうな雰囲気。
今後の活躍にも普通に期待は持てそう。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事