2020年9月2日水曜日

新潟2歳ステークス回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 前半がかなり速くなり、そこからの溜め→加速という展開。
  • 高い持久力&切れが問われた。(総合力勝負)

新潟2歳S結果

ショックアクション1.34.6 34.1 03-05
ブルーシンフォニー1.34.9 34.8 07-03
フラーズダルム1.35.0 34.2 05-07
ファルヴォーレ1.35.6 34.5 09-10
シュヴァリエローズ1.35.7 34.4 11-11
セイウンダイモス1.35.7 34.7 07-09

天候:晴 芝:良
上り4F:47.3 3F:35.1
前半4F:47.3 3F:34.6
12.8-10.6-11.2-12.7-12.2-11.7-11.3-12.1




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、その分道中で一旦落ち着きつつ
→後半徐々に加速していく展開。

今回の特徴は、言うまでもなく前半の速さ。
前3F:34.6秒は(もちろん馬場差の違いはあるが)過去最速で、平均が35秒台
後半のレースにおいて、その数字はかなり目立っている。

隊列自体は1頭が少し離す形ではあったものの、後続のラップを見ても、やはり
しっかりと引っ張られているし、適性的には当然高い持久力が問われたはず。

また道中以降に関しては、一旦落ち着いてからの→加速という展開で、一応は
切れ方向だが、緩んだ区間で後続は徐々に詰めているし、一定以上の高い水準を
踏みつつ→上がりをまとめた格好。結局は総合力勝負という印象が強くなった。

脚質的には、前半で少しでも脚を使っていない差し馬優勢…と、一応は言えそう
だが、今回はそれよりもまずは地力。

この先に向けても、上位の力を素直に認めて…という感覚になるし、(ラップ
から計算している個人的な)指数も高く出ている。
とりあえず、この組はしっかりと注目していきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ショックアクション
(前からは少し離れていたが)ある程度好位から、勝負所はじっくり→直線で
真っ直ぐに&力強く脚を使っての勝利。
展開に対する仕掛けのタイミングなど、鞍上も好騎乗だった。
もちろん馬自身も、上位の中では前半で最も脚を使っていた格好だし、ここで
(実質的に)しっかりとした決め手を発揮出来たことは大収穫。
シンプルに、今後の活躍が期待が持てそう。

ブルーシンフォニー
中団後ろから、インに入れつつ、コーナリングで一気に押し上げた内容。
その分もあって→最後は少し続かなかったが、道中~上がりのパフォーマンス
ということで言えば、(数字的に)かなり高い水準を示していて、持続力という
部分で、この先の大きな裏付けになっていきそうな雰囲気。
タイプ的に、もっと馬体がしっかりしてきた時にどこまで到達できるか?という
部分にも、注目はしてみたい。

フラーズダルム
中団外寄りでじっくりと進めつつ→直線は鋭さという部分では一息だったが、
最後までジワジワと脚を伸ばしての浮上。
これもパフォーマンス的には十分に高くなっているし、地力は当然認められる。
タイプ的には、今後はもう少し積極的な競馬になるのかな~という印象だが、
この展開で上位に入った唯一の牝馬。暮れに向けても楽しみな存在ではある。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事