2020年9月19日土曜日

ローズステークス@中京展望(ラップ傾向&予想)2020


まとめ
  • 後半徐々にペースアップしつつ→勝負所でもう1段加速する展開。
  • 一定の持久力と、切れ&持続力をバランス良く備えていることが必要。
  • 予想◎ラインオブダンス

参考ラップタイム

(中日新聞杯&愛知杯平均)


ラップ傾向

中京開催。そして距離も2000mでの施行。
とりあえず、古馬重賞ではあるものの、(トップオブトップが紛れ込んでくる
金鯱賞は除きつつ)中日新聞杯&愛知杯を見ておきたい。
(ここで勝ち負けする馬はG3には十分届くだろう…ということで)

それらのラップタイムを見ると、前半ミドルペースから、コーナーで一旦落ち
着きつつ、道中は徐々にペースアップしていく展開で、そこから直線でもう1つ
加速を示す…という形。

後半ジワジワと長い脚を使う中で、もう1つ上げる必要がある…という部分で、
適性的には、切れ&持続力をバランス良く備えていることが重要だと言えそう。

また牝馬限定の愛知杯の方が、全体的にペースが落ち着いて→その分上がりの
比重が大きくなっているが、ここはトライアル。頭数が確実に揃う&賞金の足り
ない馬たちが本気度を見せる…という点で、前半がもっと流れる可能性はある。

古馬(牝馬)の平均ラップのイメージよりも、もう少しだけ"持久力"の部分を
厳しく問いたいところ。


好走の条件
・切れ&持続力をバランス良く備えていること
・持久力があること



予想


オークス(直行)組も強いのだが、夏に高いパフォーマンスを示した馬が多い。
例年の東京→阪神(外回り)から、東京→中京というところで、当然適性面での
つながりも違ってくるはずだし(より持続的になる)、今回は思い切って上がり
馬の方にフォーカスして。(全部は無理だろうが、何か来れば…ということで)

◎ラインオブダンス
前走は、かなり締まった展開の中、自身も道中~上がりで高いパフォーマンスを
示して、最後までしっかりと持続させての勝利。
馬格があり、尚且つ馬体もしっかりとしているイメージで、シンプルに、これは
なかなかの馬かも…という気はするし、距離延長もおそらく歓迎。
フルゲートの大外枠という難しさはあるが、甘過ぎに感じる人気を考えれば、
期待値的にそこは十分割り切れる。推し切ってみたい。

○フアナ
前走は、11秒台のラップが永遠に続く展開の中で、外を回しての正攻法で捻じ
伏せた格好。パフォーマンス的にもかなり高くなっているし、地力はここでも
普通に上位に扱える。
前走で30kg近く増えても440kg台…と、馬格があまりないタイプ的に、ここの
坂上でしっかりと主張できるか?というのはあるが、やはり注目。

▲アカイイト
前走&前々走の、自身が道中~上がりで示したパフォーマンスは高く、それらの
内容で考えれば、ここでも普通に上位に扱える。
雄大なタイプ。前走のようにインから捌こうとするよりも、このくらいの枠から
ゆったり回って来た方が競馬はしやすそうだし、直線半ばまでに前を射程圏に
捉えるような形なら。(⇒坂上は母父シンボリクリスエスが何とかしてくれる)

注ムジカ
前走は、速い前半は受け流した格好だが、道中をかなり高い水準で進めつつ→
直線しっかりとした脚で浮上。最後は交わし切れなかったものの、その実力は
十分に認められる。
(サンプル数はまだ少ないが)この舞台ではなかなか恐ろしい適性を示している
エピファネイア産駒。人気も甘いし、ここは注目してみたい。

△フィオリキアリ
前走は、前が飛ばした形で、尚且つ後半は11秒台のラップが続く展開。その中で
自身は離れた番手から、ジワジワと詰めて行きつつ→しっかり押し通した内容。
額面以上に脚を使った扱いになるし、その持続力は当然認められる。
走法的な部分で、この舞台では坂上で主張しきれるか?というのはあり、夏勢の
中では1番下に置いたが、古馬2勝クラスを勝っている唯一の馬。逆かも…。

△クラヴァシュドール
オークスは、勝負所で斜めに脚を使った…というのはあるとしても、内枠では
あったし、さすがにちょっと負け過ぎ。
その点がどうか?だが、印象としては、シンプルに"距離"という気もするし、
2戦目以降はずっと高いパフォーマンスを続けてきた馬。
元々の地力から、距離短縮して巻き返す可能性は考えたい。

△デゼル
オークスは、最内枠ながら早々と1つ持ち出して→最終的には大外をぶん回して
来た内容。最後伸び切れなかったことは仕方がないし、パフォーマンス的には、
4着のリアアメリアとも大して変わりはない。
当然ここは巻き返し…といきたいところなのだが、自身がこれまでの追走部分で
踏んだ水準という点では、裏付け的にちょっと薄い。もう1つ見てから。

△リアアメリア
オークスで4着。パフォーマンスは高いものを示しているし、実力は当然上位。
しかし、前半で引っ張られるレースと⇔後半型のレースでの出来が、ハッキリと
し過ぎ…感は否めない。
ここも一応は後半型の舞台だが、道中からジワジワと脚を使わされる展開への
対応という点では、人気程には信頼できず⇒この位置に止める。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事