2020年9月5日土曜日

新潟記念展望(ラップ傾向&予想)2020


まとめ
  • ある程度高い水準からの→上がり勝負。
  • 一定の持久力&決め手が問われる。
  • 予想◎ジナンボー

過去のラップタイム

2019 12.7-10.9-11.3-11.7-12.0-12.5-12.0-11.3-11.1-12.0
2018 12.9-11.1-11.6-11.7-11.9-11.9-11.8-11.7-10.7-12.2
2017 12.9-10.9-11.4-11.7-12.1-12.3-12.0-11.4-11.2-12.0
2016 12.8-11.0-11.2-11.4-12.1-12.0-11.9-11.7-11.5-11.9
2015 13.2-11.0-11.3-11.3-12.0-12.3-12.0-11.6-10.5-13.0
2014 12.9-11.3-11.7-11.4-11.7-12.2-11.9-11.7-11.1-12.4
2013 13.0-11.1-11.5-12.0-12.3-12.4-11.9-11.4-10.8-12.5
2012 12.8-11.2-11.8-12.1-12.5-12.4-11.7-10.9-10.3-11.9
2011 13.2-11.0-11.9-12.0-12.8-12.4-11.7-11.2-10.9-12.0
2010 12.9-11.4-11.9-12.0-12.4-12.1-11.4-11.1-11.0-12.2

過去10年の平均ラップタイム
12.93-11.09-11.56-11.73-12.18-12.25-11.83-11.40-10.91-12.21
1.58.09



ラップ傾向

(過去記事の転載)

過去のラップタイムを見ると、前半ミドルペースくらいの流れから、道中は一旦
落ち着く展開になり、ラスト4F~2Fでかなり加速して、最後は少し落ちる形。

ここではスタート直後はそれ程速く流れないのだが、最初の直線の長さによって
4F目までなかなかスピードが落ちず、尚且つ3~4コーナーも(落ち着く形では
あるが)極端には緩まない。

そのため、上がりでしっかり速い脚を使うには、それなりに流れる道中で如何に
脚を使わないかが重要になり、結果的にはやはり(走法なども影響するものの)
一定の持久力が問われる。

その条件をクリアしていることを前提にして、最後に勝負を決めるのは、大きな
加速に対応できる最低限の切れと仕掛けてからの持続力であり、地の強さだけで
粘り込む(浮上する)タイプでは結局は難しくなる。


好走の条件
・一定の持久力は必要
・(切れ&)トップスピードの持続力があること



予想


◎ジナンボー
昨年ここでは2着。斤量は軽かったものの、しっかりと引っ張られる展開を、
ある程度好位から進めつつ→最後まで粘り強く伸びた内容。
そこで示したパフォーマンスで考えれば、今回も普通に上位扱いになる。
後方からの競馬になり、ほとんど競馬にならなかった前走は度外視するとして、
ここはシンプルに巻き返しに期待したい。

○ブラヴァス
前走は、締まった展開の中で早めの動き出し。最終的には相手に内を掬われて
負けはしたが、しっかりと2着は確保したし、その力は当然認められる。
(少しだけ刻むイメージの)走法的に、この舞台がピッタリか?と言うと微妙な
部分があるため、評価は1つ控えたが、近走のパフォーマンスはとにかく安定。
やはり可能性は考えておきたい存在。

▲ウインガナドル
3年前、3歳馬ながらここで4着。その時のパフォーマンスならば普通に上位。
前に行く馬でも、単に耐えるだけではなく、末を伸ばせるタイプで、この手の
舞台は十分にこなせるし、実際に新潟では常に好走。
今回、ハッキリとした競合がいない中で、マイペースで進められるようなら、
粘り込む可能性は当然あっていいはず。注目しておきたい。

注カデナ
昨年ここで3着。レベルの高いレースで、単純にその時のパフォーマンスは高く
なっているし、ヨコの比較をすれば普通に上位扱いになる。
その後重賞を勝ってG1でも好走…というところで、斤量は1kg加算されるが、
(結果はともかく)道中~上がりの脚は確実…という馬。
この舞台ならば、やはりある程度は浮上してくるものとして考えたい。

△ワーケア
ハーツクライ産駒らしからぬ回転力があり、走法的な部分で言うと、とりあえず
今回の距離短縮はプラス。同じ理由でスケール感が問われるここにピッタリか?
と言うと微妙ではあるのだが、一定の地力と決め手はしっかりと示している。
勝ち切れるか?はともかく、相手にはやはり考えておきたい存在。

△アールスター
ある程度引っ張られる舞台で、変化をつける…という方向性。その意味では、
適性的に全く合わない…ということはなさそう。
"決め手"という部分では威張れる訳ではないし、今回はメンバー的に落ち着く
可能性もあり、結局は推し切れないが、とりあえず相手には。積極策なら。

△サトノガーネット
前走は、展開的には恵まれた方だが、勝ち馬との比較では外を回った形だし、
実質トップハンデ(タイ)だったことを考えれば、やはり一定の評価はできる。
持久力&決め手という適性面でも面白そうだし、一瞬は頭まで考えたのだが…、
後方が定位置の馬。新潟記念では、やはりもう少し流れに乗って欲しいので。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事