2021年6月17日木曜日

函館スプリントステークス@札幌回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • 前半速く、最後は大きく落ち込む展開。
  • 高い持久力が問われた。

函館スプリントS結果

ビアンフェ1.07.6 34.8 01-01
カレンモエ1.07.6 34.5 02-03
ミッキーブリランテ1.07.6 33.9 10-09
ジョーアラビカ1.07.7 33.7 15-13
カツジ1.07.7 33.3 16-16
ケープコッド1.07.7 34.4 05-05

天候:晴 芝:良
上り4F:45.6 3F:34.8
前半3F:32.8
11.7-10.3-10.8-11.1-11.4-12.3



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半が速くなり、2F目以降はしっかりと減速していく
展開で、最後は大きく落ち込む形。

今回の特徴は、やはり前半の厳しさ。
馬場がかなり速く、額面通りに捉えることはもちろんできないが、前後半の差が
2秒&ラストの止まり方から考えても、前掛かりなレースだったことは確か。
適性的には、当然高い持久力が問われた。

脚質的には、結果としては前の馬に差し馬が迫る(前後イーブン)…という構図
だが、開幕週でも特別に前優勢の馬場だった訳ではないし、そこは上位2頭が
力を示したイメージ。(⇒やや差し…と言っていいのかも)

この先に向けても、やはりまずは(厳しい展開を押し通した格好の)上位を信頼
しつつ、あとは力を出し切れなかった馬など、それぞれの挙動をチェックして
細かい上げ下げをしたいところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ビアンフェ
二の脚でハナを奪いつつ→厳しく引っ張って、最後は超大型馬らしい"惰性力"を
発揮しての押し切り。持久力勝負での強さを改めて示した。
"持続"よりも"耐える"戦いの方が合っているイメージの中で、成績的にはハナが
絶対…という雰囲気になりつつある。自身が望むペースに持ち込みやすい点で、
噛み合ってきたようには感じる。
もちろんこの先は、馬場次第で厳しくなる可能性はあるし、そのリスクとの兼ね
合いになるだろうが、見極めつつ、注目していきたい。

カレンモエ
抜群のスタートから→勝負所まではじっくりと進めた格好だが、位置取り的には
やはり、前半で脚を使った内容での2着。改めて地力を示した。
脚が上がってからの戦いでは、重い方が惰性が効くし、歩幅が大きい方が止まり
にくい。今回の相手とは馬体重で約100kgの差。最後負けたことは仕方がない。
ただしそこは、スプリンターとしては軽いこの馬には、常について回る問題。
番手の競馬にこだわらず、(位置取りに自在性を持たして→上がりをまとめる)
前後半イーブンの競馬を選択すれば克服できそうな気もするが…、その点では
この先、騎乗がどう変わるのか?or変わらないのか? 注目しておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事