2021年6月24日木曜日

ユニコーンステークス回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • 前半~道中が速く、上がりは少し掛かった展開。
  • 持久力&スピード持続力が問われた。

ユニコーンS結果

スマッシャー1.34.4 35.4 09-08
サヴァ1.34.5 36.2 03-02
ケイアイロベージ1.34.7 35.5 11-10
ルーチェドーロ1.35.1 36.2 05-07
クリーンスレイト1.35.3 35.7 13-13
サンライズウルス1.35.3 35.4 14-15

天候:曇 ダート:重
上り4F:48.5 3F:36.4
前半4F:45.9
12.1-10.6-11.3-11.9-12.1-11.8-12.2-12.4



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、(馬場を考えても)前半ある程度速く、道中も締まった
展開で、上がりは(極端に落ち込んだ訳ではないものの)右肩下がりの形。

今回の特徴は、前半~道中の速さ。
前半に関しては実質的に平均くらいだが、その平均自体が元々速いレースでは
あるし、道中に関しては間違いなく平均を上回った水準になっている。

前掛かりの展開の中でしっかりと持久力が問われて、尚且つ時計面での絶対的な
"速さ"という部分で、高いスピード持続力を備えていることが重要になった。
(⇒そのことが1400mを経験している馬の活躍につながったイメージ)

脚質的には、イーブンに近い内容で浮上した馬&前傾の内容で粘った馬…という
構図だが(やや差し)、どちらにしても今回はごまかしが利かず、地力があって
こそ…とは言えそう。

この先に向けては、はっきりとした前傾の展開で、同距離もしくは距離短縮に
つながりそうな雰囲気ではあるが、とりあえずは上位の力を素直に信頼…として
おきたいところ


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

スマッシャー
速い馬場の中でロスなく回してきた好騎乗だが、直線しっかりとした脚で浮上
しつつ→差し切っての勝利。
これまでは7Fでハッキリとした前傾の内容が多かったが、終いの伸びを見れば、
今回のように平均的に脚を使う形が合っていそうな雰囲気。
そのイメージからは、この馬に関しては距離延長しても(一貫した展開ならば)
出来る可能性もあっていいのかも。そのあたり、じっくりと観察していきたい。

サヴァ
好位から前半でしっかり脚を使いつつ→粘り込んでの2着。高い地力を示した。
ハッキリと前傾の内容的には、この先は短縮方向かも知れないが、個人的にも
イメージをしっかり更新しつつ、注目はしておきたい。

ケイアイロベージ
スタートで立ち遅れ&煽りを受ける不利がありつつ→少しリカバリーして、道中
ロスのない内容から→直線しっかり浮上しての3着。
鞍上も好騎乗だったし、馬自身も高い持続力を示した格好。
1800mで2勝している馬だが、着差の割りにはそこまで末を伸ばしている訳では
なく、今回の内容と合わせて考えると、このくらいの距離の方がいいのかも。
どちらにしても、(内容的に)巻き返し候補の筆頭。次戦、注目しておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事