2009年3月31日火曜日

毎日杯回顧 2009


レース総括
■前半~道中が遅く完全な上がり勝負
■上がり性能以外はこの先何の参考にもならない

毎日杯結果

アイアンルック1.48.033.609-09
ゴールデンチケット1.48.134.303-02
アプレザンレーヴ1.48.233.511-11
ミッキーパンプキン1.48.234.701-01
オオトリオウジャ1.48.334.011-09
ストロングリターン1.48.334.602-02
ワイドサファイア1.48.334.206-05

天候:晴 芝:良
上り4F:47.0 3F:34.5
前半1000m:61.0
12.3-11.7-11.8-12.7-12.5-12.5-11.8-11.0-11.7



レース詳細
ラップタイムを見ればレベルの高い昨年はともかく、2007年と比べても
道中こそ緩み方が多少マシだが、その分前半はかなり遅く、しかも仕掛けも
ゆっくりで完全に直線だけの勝負だった。

ここで問われたのは単純に切れと末脚の持続力のみで、持久力はほぼ
必要なく、好走した馬の中にも道中が少しでも締まれば直線不発になりそうな
馬も少なからず紛れ込んでいるはずで、この結果を鵜呑みにはできない。

したがってこの先このレースを振り返ることがあったとしても、上がり性能
だけなら参考にしても良いが、本来の地の強さは全く反映されていないので
特に持久力が必要な中山などへはつながりにくい内容だったと言える。
そしてディープスカイを出した昨年と比較しても、この中からダービー馬が
出そうな雰囲気は全く感じない…というレースだった。



各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アイアンルック
この馬の場合、仕掛けたときの反応の速さというよりも、ラスト1Fで
(周りが落ちたために)1頭加速しているように見えることからも
分かるように、末脚の持続力がかなり高いというのが武器になっている。
このレース自体はこの先につながるとは到底思えないのだが、この先
活躍できる馬がいるとすればこの馬で、あまり着差はついていないが
周りとは1つレベルが違うように感じる。

ゴールデンチケット
始めはハナに立ったもののその後は好位でジッと我慢する内容で、
勝負所で仕掛けたのはメンバー中でもかなり後の方。
つまりこのレースを見ただけでは溜めが効く緩い流れでの先行という
展開利による部分が大きく、この内容は信用できるものではない。

アプレザンレーヴ
ラストの持続力はまずまずのものを持っているが、器用さに欠けるようで
瞬間的な切れが必要な展開には合わなさそう。
このタイプはもう少し道中が締まった流れになった方が戦いやすいのだが、
今回もかなり後方の位置取りだったし、持久力の裏付けが取れていない
現状ではそのペースに耐えられるかは謎で、やはりもう1戦見守る必要が
ありそう。

ミッキーパンプキン
何故そんなにこだわる必要があるのか疑問だが、途中からハナに立ったことで
他の馬に比べて余分に脚を使っているはずで、その分ラスト1Fが続かなかった
ということだろう。
結果的に悪い予感が的中してしまい、本当に悪循環でかわいそうな馬だが、
能力的にはこのくらいのメンバーであれば近いうちに重賞の1つは獲れるはず。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事