2009年3月10日火曜日

オーシャンS回顧 2009


レース総括
■前半が速くラストは持久力が問われる流れ
■内を通った馬と後方に控えた馬有利
■先行馬~好位で外を回った馬の巻き返しに期待


オーシャンS結果
アーバニティ1.09.235.307-07
コスモベル1.09.335.605-03
アポロドルチェ1.09.335.210-10
ソルジャーズソング1.09.335.012-12
サープラスシンガー1.09.436.001-01
モルトグランデ1.09.435.507-07
コレデイイノダ1.09.435.014-12

天候:晴 芝:稍重
上り4F:46.8 3F:35.8
前半3F:33.4
11.8-10.6-11.0-11.4-11.7-12.7

レース詳細
ラップタイムを見れば、レースは1秒程掛かる馬場だったことも考えると
前半はかなり速く、途中から逃げるサープラスシンガーをキンシャサノキセキが
突っついて行ったことで道中も息の抜けない展開だったことが分かる。

道中が全く緩まないとなるとラストはかなりの持久力が試されたわけだが、
逆に言うと、最後を粘るには道中で如何に脚を溜められたかが重要だった。
つまり直線までに無駄な脚を使わずに済んだ、内を通った馬(特に4コーナー)と
後方に控えた馬に有利なレースだったと言える。

したがってそれで好走できた馬の過大評価には気をつけたいし、逆のパターンで
負けた馬の巻き返しは十分に期待していいと考えられる。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アーバニティ
スタート直後はある程度行っていたが、その後は上手く内へ潜り込んで
直線まではじっとしていた内容。
ある程度の持久力は持っているはずだが、内の伸びる馬場で過大評価は禁物。

コスモベル
あまり良くないスタートから押して行って好位の内を追走する競馬。
前半の速さを考えたら、思ったよりもラストを粘る力を持っていると感じたが、
それでも終始内の良い所を通っての好走だけに、この結果を完全に信じきることは
できない。

サープラスシンガー
道中で少し楽をしたいタイプなのでこの流れでこの結果は仕方がない。
当然展開次第では十分に巻き返すチャンスがあるのだが、レベルの高いレース
では今回のように誰かしらに突っつかれる可能性が高く、好走はできても
なかなか勝ち負けまでは厳しいのかもしれない。

モルトグランデ
中団からの競馬ではあったが、かなり早い段階から動き始めていて、4コーナー
では外を回り、それでもラストまである程度脚を伸ばしていた。
やはりこの馬は持久力はかなりのものを持っていて、巻き返す可能性は高い。

キンシャサノキセキ
レースの中でも最もスピードの速いところで抑え切れないように脚を使って、
2F目からは全力で走っているような状態。
これではラスト1Fが止まって当然で、今回休み明けだったことも考えると
ひと叩きされた次戦で持続力&持久力が高まることは間違いなく、最後まで
脚を伸ばせる可能性は十分。
確実に巻き返せるはず。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事