2009年10月20日火曜日

デイリー杯2歳S回顧 2009


レース総括
■前半速く、道中が一旦緩んでの上がり勝負
■末の持続力(差し馬は+切れ味)が問われた


デイリー杯2歳S結果
リディル1.33.7 33.8 09-10
エイシンアポロン1.33.7 34.7 02-02
ダノンパッション1.33.8 33.8 11-08
ダイワバーバリアン1.34.0 34.9 02-03
ラブグランデー1.34.0 34.7 05-03

天候:曇 芝:良
上り4F:46.9 3F:34.9
前半4F:46.8
12.1-11.0-11.4-12.3-12.0-11.7-11.4-11.8

参考:過去10年の平均ラップタイム
12.30-11.16-11.73-12.32-12.09-11.66-11.69-11.73 1.34.68




レース詳細
ラップタイムを見れば、前半が速く流れて、道中で一旦緩んだ後は勝負所に
かけて徐々に加速していき、ラストまである程度速いスピードを維持する形。

今回好走した馬を見ると、前半でしっかりと脚を溜めた馬とある程度好位から
進めた馬の2タイプに分けることができるが、これは持続力で粘る好位の馬を
一段階違う切れ味と末の持続力を持つ差し馬が強襲したという構図。

レースレベルに関しても、道中こそ一旦は流れが落ち着いたものの、ある程度
速くなった前半からの持続力勝負なので、一定の地力は問われているはずで
とりあえずこの先にはつながっていきそう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

リディル
1頭大外を回して差し切っている内容は当然評価できるが、勝負所で
少し遅れをとっている点は気になる。
馬体、走法からもマイル以下の距離での地力勝負が合いそうで、現時点では
距離が伸びたら割引き…という印象。

エイシンアポロン
前後半3Fについては現時点では十分評価できる内容。
あとは道中が速くなる展開への対応で、そこをクリア出来るかどうかで
もう一段階上の舞台での活躍が決まる。その点は見極めたい。

ダノンパッション
徐々に加速していく勝負所で一気に前にとりついていて、その切れ味は
相当なもの。
それでも(出遅れが響いているとは言え)ラストが少し鈍っている点を
考えると、よりレベルの高いマイル戦での持久力勝負には不安を感じる。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事