2009年10月4日日曜日

スプリンターズS展望 2009


予想
ローレルゲレイロがどのくらいのペースで逃げるかが鍵となるが、
藤田Jとのコンビならさすがに中途半端な流れにはならないはず。
したがってここはハイペースからの持久力勝負を想定しておきたい。

◎ローレルゲレイロ
前走は休み明け、斤量、上がり勝負という悪条件が重なった結果でさすがに
度外視していいだろうし、そこからの上積みは当然期待できる。
そしてこの舞台はまともには経験していないが、元々ハイペースから
地の強さで粘る同馬には合っていると考えられるし、他に速い馬もいない
このメンバーなら楽にハナを奪えそうで、人気を落としているここは狙い目。

○ソルジャーズソング
控える馬ではあるが先行力が全くないわけではなく、ペースが速くなっても
しっかりと追走できて、より本来の地力の高さを活かしやすくなる。
この馬&この展開に合いそうな鞍上も確保してかなり面白い存在になった。

▲マルカフェニックス
速い前半への対応はまだ未知数なところがあるが、スプリント戦に狙いを
定めてからの経験でそろそろ克服できる頃なのかも知れない。
もしそれができれば元々地力はかなり高い馬なので、厳しい流れとなれば
自然と上位には残ってくるはず。

注アーバニティ
同舞台の持久力勝負でのパフォーマンスは相当に高く、その内容はこの
メンバーでも1、2位を争うもの。
本命にしようかと迷ったくらいだが、休み明けの状態はやはり気になる。

△ビービーガルダン
鞍上も度々口にしているように問題は前半のスピードという1点。
昨年はスプリンターズSとしては例外的にペースが遅くなったために
対応できたが、今年もそのまま同じパフォーマンスを期待するのは危険。
それでもハイペースとなれば柔軟に控える競馬さえ選択してきそうな
ジョッキーが跨っているだけに軽視まではできないが…。

△グランプリエンゼル
この夏はスピード持続力勝負で結果を出してきたが、おそらく本来は
もう少し地の強さを活かしたいタイプで、実際に橘Sでの持久力勝負の
パフォーマンスはここでも見劣るものではない。
ただし使われ続けた状態面は気になる。

×サンダルフォン
本来なら何の問題もなく切りたい馬だが、一つ引っ掛かっているのが
北九州記念のハイペースに対応してしまっているところ。
斤量も違うし、おそらくその再現まではないとは思うが…。

×アルティマトゥーレ
圧勝した前走ではあるが、ペースも遅く、懸念していた速いスピードへの
対応という点は未だにクリアしていない。
同じように休み明けのスリープレスナイトを破った経験を持っている
ローレルゲレイロと比較しても、相手が地力の高さが問われる持久力勝負で
勝っているのに対して、自身は単純なスピード勝負での勝利では価値が劣る。
もちろんここで厳しい展開から結果を出せば素直にその強さを認めたいが、
現時点では明らかな過剰人気に思える今回は静観しておきたい。

×キンシャサノキセキ
実力は当然持っている馬だが、好走しているのは持久力勝負ではなくて
スピード持続力勝負ばかり。
ローレルゲレイロの作るペースにはよるが、昨年同様の結果は期待しづらい。


外国馬(Scenic Blast)について
過去のレース映像を観ただけなので詳細なデータは分からないのだが、
一応見た限りでは差し馬のよう。

海外の短距離戦で後半のスピード勝負というイメージは全く湧かないし、
覚醒前には1400~1600mを使われていた履歴からも、おそらく速い上がりを
使うというよりも、地の強さで差してくるタイプだと考えられる。

したがってこの舞台で好走するための条件でも挙げた先行力(スピード)
という点では完全に未知数で、そもそもここのペースについて行けるのか?
という最も基本的な懸念を払拭できない。

今回は相当に馬場でも悪化しない限りはお客様扱いでいいのでは…。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事