2009年10月18日日曜日

秋華賞展望 2009


予想
道中の持久力から末の持続力までデータを一通り調べるとローズS上位の
レベルは相当高い。
そこを超えられそうな新勢力も見当たらないし、敢えて逆らう必要性は
全く感じない。
ただもしそのデータそのものを信じることにすると、ブエナビスタの取捨は
かなり厄介になる。

◎レッドディザイア
おつりのある仕上げで前走の内容なら、敢えて疑う必要はない。
今まで疑問視していた道中の部分でも、先行力という部分でも十分な裏づけが
取れた印象。押し切れる。

○クーデグレイス
前走のスピード持続力は圧巻の内容。
距離が1F伸びてどうかという部分は当然あるが、前走レベルの道中は秋華賞では
過去に例がなくもう少し楽はできるはずで、コース取りさえ上手く行けば、
直線の短いここなら残れる可能性は高い。
積極的に狙いたい。

▲ミクロコスモス
前走は道中でかなり脚を使う騎乗で、直線でもそれ程止まってないのだから
その持続力は十分評価できるし、鞍上がもう少し一発を狙う騎乗に切り替えると
思われるここでは、最後に他とは違う脚で突っ込んできてもおかしくない。

注ブエナビスタ
札幌記念のデータだけだとローズS組の内容に負ける。
それまでの過程でも時計的な裏付けはあまりない。
言われているようにこの馬が本当に切れる馬ならいいが、実際にはもう少し
切れが欲しいくらいで、持続力は相当にあるので止まることは考えづらいが、
前との差を詰めるのにはどうしても時間が掛かる。
そうなるとローズS組がある程度好位から押し切れそうな内容を示して
いるだけに、前の馬を残す可能性は十分に考えられる。
そしてこのレースではこの馬を割り引けるようなら当然そこに妙味が
生まれるのだから、戦略的にはその方向で考えたい。
(一応印は残すが切るのも一手という感覚)

△ブロードストリート
前走のパフォーマンスはかなり高いものだったが、通ったコースにも
助けられた部分はあるし、今までのイメージだとコーナーを回りながらの
加速には少し疑問があって、直線が短くなることは明らかにマイナス。
さらに前走の出来を考えても、おつりの部分と上積みの部分で疑問を感じるし、
個人的には少し割り引いて考えたい。

△モルガナイト
2連勝でここへ望むが、特に前々走の内容は良かった。
おそらく普通の年ならもっと上位を狙えると思うが、絶対値で見ると
ローズS組にはさすがに劣り、これ以上はなかなか難しい。

△ジェルミナル
前走は積極的に行き過ぎた結果なので仕方ない面はあるが、本来は道中を
ゆったりと進めたいタイプなので、ここもそれほど合うようには感じない。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事