2010年9月19日日曜日

エルムS展望 2010


過去のラップタイムは以下の通り。

2009 12.5-11.1-12.4-13.5-13.1-12.5-12.2-11.4-12.4(新潟ダ1800m)
2008 6.7-11.3-11.6-12.3-12.4-12.0-12.1-12.0-12.5
2007 6.9-11.4-12.1-12.3-12.8-12.6-12.1-11.3-11.8
2006 6.8-10.9-11.9-12.3-12.4-12.4-12.1-12.0-12.2
2005 7.0-11.3-11.6-12.2-12.3-12.6-12.3-12.4-13.2
2004 7.0-10.7-11.8-12.3-12.5-12.5-11.9-12.0-12.5
2003 6.8-11.7-12.0-12.3-12.2-12.0-12.3-12.3-12.2
2002 6.9-10.9-11.9-11.9-12.1-12.3-12.4-12.7-12.5
2001 6.9-10.9-12.0-11.8-11.8-12.0-12.5-12.8-12.7
2000 6.8-11.0-12.1-12.2-11.9-12.0-11.9-12.4-12.5

過去10年の平均ラップタイム(2009年は除く)
6.87-11.12-11.89-12.18-12.27-12.27-12.18-12.21-12.46
1.43.43




傾向
ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、道中~上がりに掛けてはほぼ
一定のスピードを維持する展開で、ラスト1Fだけ少し落ちる形。

ダート1700mというコースは共通して前半が速くなりやすいのだが、ここでも
その特徴を踏襲し、重賞らしくしっかりコース平均を上回るスピードで流れて
いて、当然のようにまずは持久力が問われることになる。

また前半で厳しい流れに引っ張られても、ここでは最後まで極端にはラップが
落ち込まない展開になっていて、ゴールまである程度のスピードを維持できる
持続力を備えていることも重要になる。


好走の条件
・持久力&持続力を持っていること


予想
エーシンモアオバーがいるので、前半がある程度速くなることは間違いない
だろうが、道中でそこまで突っ掛かって行くような馬がいるとは思えないので、
しらかばSよりかはゆったりした展開を想定しておきたい。

◎エーシンモアオバー
前走のようにあまり道中が締まった展開だと、一本調子なパフォーマンスにも
なりかねないのだが、今回ある程度マイペースを保てると考えれば、持続力を
活かして、そのまま押し切る可能性は高そう。

○クリールパッション
極端な決め手を使うタイプではないので、勝ち切るところまで考えれば、前走の
ような上がりの粘り勝負という形の方が都合いいだろうが、前半である程度引っ
張られさえすれば、この舞台では地力で浮上してくるのは確実な雰囲気。

▲アドマイヤスバル
スピード持続力が売りの馬なので、道中はむしろ締まった形になった方がいい
のかも知れないが、一応地力は問われるという想定ではあるので、実力的には
好位からなだれ込むという扱いが妥当に思える。

注スターシップ
前々走の緩い流れならともかく、前走の締まった流れでも逆に脚を削られた
印象で、どちらに転んでもエーシンモアオバーを交わせるとは思わないが、
前半速く、道中少し落ち着くという展開には嵌まりそうなイメージではある。

△タマモクリエイト
基本的には道中~上がりの持続力を活かしたいタイプで、前走は休み明け&
前半飛ばし過ぎたことが災いした形で、度外視が可能。
今回もう少し控える選択が出来れば浮上の可能性は十分ある。

△ケイアイテンジン
基本は前半~道中で飛ばして上がり不問の展開を粘る…というイメージの馬
なので、ここではさすがに一本調子になり過ぎる予感はあるが、前半の速さと
位置取り次第では、なだれ込む可能性も一応考えておきたい。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事