2018年10月14日日曜日

秋華賞展望(予想)2018



予想

アーモンドアイが前哨戦を使っていて、それが(特に道中の)締まった展開で、
しっかりと快勝しているのであれば、たとえ1.0倍であろうと本命にする。
しかし現実にはそうではなく、不安点があることは否めない状況。

その中で1倍台前半の人気。予想スタイルと言うべきか、単純に性格なのか、
むしろ病気なのかも知れないが、どうしても逆らってしまう…。
(馬券的な観点だけで言えば、長い目で妙味を追うのは当然だが)

でも、3冠が見たい気持ちもホント。

◎プリモシーン
前走は、締まった展開の中、自身も道中~上がりでかなり高いパフォーマンスを
発揮しての勝利。内容的にも、カンパニーやジャスタウェイが示していたような
形に近く(もちろん斤量も違うし、水準では負けるのだが)、要は2000mG1に
つながっていいとは思える。
個人的にも、走る姿から、スピードに寄り過ぎるのはどうか?という気はして
いて、本質的にマイルは少し短いのでは?という思いをこれまで抱いてきた馬。
その点で、距離延長は1度見てみたかった条件でもあるし、それが、持続力が
問われつつ、尚且つ勝ち負けするには結局ある程度の脚(切れ)も必要なこの
レースならば、両者をバランス良く備えた適性的に、はまる可能性がある。
単純に、関屋記念を勝った3歳牝馬…というだけでも、もっと評価されていい
ところだし、大人気馬に不安点が2つもあるのなら、選んでみたくもなる。

○アーモンドアイ
相手の筆頭と思われていた馬が順調さを欠き、この大人気も分かるし、実際に
あっさりもあり得る。シンプルに3冠達成を見たい気持ちもある。
しかし、強いことは分かっている一方で、これまで切れに特化した内容を示して
きたことで、適性的には正直未知の部分が大きい。普段から「適性、適性」と
言っている人間からすると、単勝1.2倍までの信頼は…とはなる。
まだ見えていない部分を、可とも不可とも断言できるはずがなく、これは答えの
出ない問題だが、結局のところは、面白い相手がいるかどうか。⇒一応いる。
これまでとは異なる適性のレース、そして休み明けのぶっつけ。それらを克服
してこそ、ジャパンCを勝ち切れる馬…と、ここは見極めの機会にしたい。

▲ラッキーライラック
アーモンドアイに対しては、こちらの方が持続的な要素を備えているイメージ
ではあるので、ローズSの内容次第では、レッドディザイア的なものになれる
可能性は十分にあったとは思う。
それだけに、順調さを欠いてしまったことは本当に残念ではある。
それでも、これまでに示してきたパフォーマンスは当然高く、相手もぶっつけ
なのだから、適性面でオークスと比べて差が詰まる…ということはあり得る。
結局走ってみなければ分からないが、一応の格好はつけるものとして考えたい。

注サラキア
前々走の、道中~上がりで示した高い持続力と、白百合Sの、道中をまずまず
高い水準で進めつつ→上がりをしっかりとまとめた内容を合わせて考えれば、
ここの展開もこなせて良さそう。
スケールの部分でどこまで?というのはあるのだが、前走に関しても、基本的に
前&内というレースで、中団外寄りの逆境の立場から浮上した訳だし、今の状態
であれば、ここでも出来る可能性は十分にあるはず。
鞍上の問題も、ラップの適性的には悪くない…と個人的には思える。

△オールフォーラヴ
まずは単純に、切れ方向ではどうしようもないタイプ。前走のような展開での
負けは、とりあえず度外視できる。(オークスもしかり)
それらを除けば、アルメリア賞&忘れな草賞の水準の高い展開で示した地力。
これは当然認められるし、適性的にもこの手の舞台でこそ前進出来るはず。
母親のレディアルバローザもローズS惨敗から→ここで巻き返して5着。
まぁそれでは足りないし、結局勝ち負けまで行くには"決め脚"が必要なので、
複勝~掲示板圏内候補…というのが妥当だが、やはり注目はしてみたい存在。

△パイオニアバイオ
持続力という部分では、フローラSや勝ち上がった未勝利戦でしっかり示して
いるし、適性的にはこの舞台に合う可能性は十分ある。
この馬の場合、問題は前半しっかりと引っ張られてどうか?という点。
オークス&紫苑Sはそれなりに引っ張られているのだが、結果を出せた…とは
堂々と言い切れないし、特に後者はインで強風を避けられた立場。微妙…。
レディアルバローザの話をするのであれば、こちらは同じ年にそれをしっかり
上回ったアニメイトバイオの娘。インでじっくり、ロスなく…なら、あるいは。

△ミッキーチャーム
前走は、道中を極端に締め付ける逃げから→後ろを潰す格好での押し切り。
潰した相手もファストアプローチだし、地力は当然認められる。
馬体的に、後肢のバネがもの凄く利きそうで、実際2走前&3走前は、勝負所で
しっかり変化をつける内容で勝利。その点、本来はもう少し控えた競馬も出来て
良さそうなのだが、本番でいきなりそれは考えづらいか…。
前に行くのであれば、同型もいて(道中もそうだが)前半がかなり厳しくなる
可能性があるので、結局強くは推し切れない…。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事