2019年8月17日土曜日

2019年8月10・11日 新潟ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※関屋記念の簡単な回顧あり
土曜8R フーズサイド
土曜9R エクセランフィーユ他
日曜2R トランスポーター
日曜3R カシノブレンド、セイドアモール、エンシャントロア
日曜4R スズロザーナ、ブライティアセルバ
日曜11R ミッキーグローリー

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R


7R


8R

フーズサイド
落ち着いた流れから→後半が落ちない展開。ラスト1Fでもかなり差があった
ところから伸び切っての勝利。脚。

9R

一旦落ち着く場面もあったが、全体としての水準はまずまず。
エクセランフィーユを筆頭に、上位の地力(性能)は認めたい。

10R


11R


12R




日曜


1R


2R

トランスポーター
ゆったりした流れだが、その分後半しっかり。攻めて→最後も押し通した
持続力は認めたいところ。

3R

ハイペースで上がりもしっかり。後ろを大きく離したカシノブレンド
セイドアモールエンシャントロアの地力は当然認めたい。

4R

前半速く、道中以降もビッシリ。かなりの高水準。
スズロザーナを筆頭に、上位の地力は認めたいところだし、特にこの展開を
好位から粘り込んだブライティアセルバは、しばらく注目してみたい。

5R


6R


7R


8R


9R


10R


11R

2019関屋記念ラップ
12.6-10.9-11.2-11.8-11.5-11.8-10.8-11.5



平均強くらいの流れから→直線でしっかりと加速。もちろん今回は途中1頭が
飛ばして、後続は満を持しての仕掛けだったので、実質的にはラップの見た目
よりも少し上がりに寄った展開。決め手が問われた。
(道中で各馬が踏んだ水準は低くないので、一定の持久力は必要⇒実力が反映
された…とは言っていいはず)

ミッキーグローリー
ルメールJの仕掛けのタイミングなど、好騎乗による部分もあるだろうが、
馬自身も長い休み明けで、最後をしっかりと伸び切っての勝利。
やはりこれは1つ上の扱いにはなりそう。
当然秋の期待は大きくなるし、しっかりと注目していきたい。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事