2019年8月17日土曜日

2019年8月10・11日 札幌ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※エルムSの簡単な回顧あり
土曜3R テーオーポシブル他
土曜5R ショウリュウハル他
土曜7R ヤップヤップヤップ
土曜9R テイエムソレイユ
日曜2R クロランサス他
日曜3R サーストンネイジュ他
日曜9R フォークテイル
日曜10R カウディーリョ他
日曜11R リアンヴェリテ、タイムフライヤー

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R

馬場考えれば少し落ち着いた流れだが、その分後半はしっかり。
テーオーポシブルを筆頭に、上位の性能は認めていいはず。

4R


5R

シンプルに水準高め。ショウリュウハルを筆頭に、上位の地力は認めたい。

6R


7R

ヤップヤップヤップ
前が飛ばして大きな緩急がついたが、全体としての水準は単純に高い。
圧勝の地力は当然認めたい。

8R


9R

テイエムソレイユ
向こう正面で押し上げつつ→そのまま直線突き放す。地力。水準も高い。

10R


11R


12R




日曜


1R


2R

締まった展開で、全体としての水準もまずまず。
クロランサスを筆頭に、上位の一定の地力は認めておきたい。

3R

まずまずの水準。サーストンネイジュを筆頭に、上位の一定の地力は認めたい。

4R


5R


6R


7R


8R


9R

フォークテイル
流れは平均弱くらいだが、最後全く落とさず突き抜け。実力は認めたい。

10R

後半しっかり上げる形で、水準はまずまず高い。
カウディーリョを筆頭に、上位の一定の地力は認めておきたい。

11R

2019エルムSラップ
6.5-10.6-11.4-11.9-12.1-12.1-12.3-12.4-12.6



超ハイペース。ほぼ全区間でジワジワ減速していく、完全な持久力勝負で、
さすがに差し有利。ただし、後ろから追い上げるのもやはり楽ではなく、
勝負所のコーナーをロスなく回した2頭の決着。

モズアトラクション&ハイランドピークは、もちろん地力があってこそだが、
完璧なコース取りをした鞍上の勝利…という部分もありそう。
その点、外から浮上したサトノティターン&レッドアトゥは、少なくとも
ハイランドピークと同等くらいの評価にはしていいのかも。

当然、好位から粘り込んだリアンヴェリテは改めて地力を示したと言えるし、
ある程度好位&終始外々&初ダートだったタイムフライヤーの巻き返しには
期待したくなる。

とにかく、展開が極端になった分、収穫の多い一戦になった。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事