2019年8月23日金曜日

2019年8月17・18日 札幌ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※札幌記念の簡単な回顧あり
土曜5R ポレンティア
土曜6R ノーリミッツ
土曜9R ライジングドラゴン
土曜10R ハーメティキスト
土曜12R ロザムール、フォルコメン
日曜4R スリーヴリーグ
日曜7R ゴットフルール

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R

ポレンティア
やや落ち着いた流れだが、その分上がりでしっかりと回収。性能は認めたい。
ここでは少し持て余すくらいの馬体。延長っぽい。

6R

ノーリミッツ
実質やや落ち着いた形だが、後半しっかりで、水準はまずまず。
一定の地力は認めたいところ。

7R


8R


9R

一旦落ち着く場面もあったが、全体としての水準はまずまず高い。
ライジングドラゴンを筆頭に、上位の一定の地力は認めておきたい。

10R

ハーメティキスト
前半かなり速い流れで、全体としての水準も高い。
直線で突き放した地力は当然認めたい。

11R

※間違ってグラフを反転させてしまった訳ではない…。

12R

1頭が飛ばした形だが、それに引っ張られて、全体としての水準はまずまず。
後ろをしっかり離したロザムールフォルコメンの地力は認めたい。



日曜


1R


2R


3R


4R

スリーヴリーグ
直線が向かい風方向ということを考えれば、まずまずの水準。
一定の地力は認めておきたい。

5R


6R


7R

ゴットフルール
早仕掛けで、全体としての水準もまずまず。完勝の地力は認めたい。

8R


9R


10R


11R

2019札幌記念ラップ
12.6-11.0-12.5-12.0-11.8-12.1-12.0-12.0-11.9-12.2



やや落ち着いた入り方から、道中が締まって、そのまま上がりまで一定に近い
スピードを維持する形。もちろんこれはエイシンティンクルが少し飛ばして
作ったラップで、後続にはやや後傾のロングスパート戦といったところ。
どちらにしても高い持続力が問われた。

結果を見れば実績馬が上位を占めて、実力がしっかり反映されたイメージだが、
(コーナーで脚を使う展開という部分で)特に後半の内⇔外のコース取りの
差はやはり大きかった…という雰囲気。

その点、10番枠ながら好位インを取り切った岩田Jなど、鞍上の"意識"にも
左右されたレースではあったし、外から負けた馬の巻き返し…というのは当然
考えておきたいところ。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事