2019年8月23日金曜日

2019年8月17・18日 小倉ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※北九州記念の簡単な回顧あり
土曜3R サンバパレード
土曜5R ジュビリーヘッド、サヴァイヴ
土曜8R オーヴェルニュ、ハイクアウト
土曜9R アールスター
日曜1R ラインガルーダ
日曜10R タガノアスワド
日曜11R ディアンドル、モズスーパーフレア

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R

サンバパレード
馬場考えても水準高め。圧勝の地力は当然認めたい。

4R


5R

前半速く、水準もまずまず。後ろを大きく離したジュビリーヘッド
サヴァイヴの地力は認めたい。

6R


7R


8R

前半~道中が極端に速い、圧倒的に前掛かりな展開。
好位から粘り込んだオーヴェルニュハイクアウトには注目したくなる。

9R

アールスター
水準高め。直線少し怪しかったが、快勝の地力は認めたい。

10R


11R


12R




日曜


1R

ラインガルーダ
シンプルに水準の高いレース。余裕を持って圧勝した地力は当然認めたい。

2R


3R


4R


5R


6R


7R


8R


9R


10R

タガノアスワド
ゆったり→後半自ら一気にペースアップして、持続力を発揮しての押し切り。
これが真骨頂という雰囲気。
直長コースで使われることも多いが、ローカル的な1周型のコースの方が
明らかに安定した成績。次は阪神か京都の内回りコースなら。

11R

2019北九州記念ラップ
11.5-10.1-11.1-11.7-11.7-12.1



前3頭が競り合ってスタート直後が速くなり(前2Fはこの10年で最速タイ)、
その分道中で少し溜めが入りつつ→上がりはある程度踏み止まる…という形。
前半脚を使い過ぎない&コーナーで押し上げやすい…という部分で、基本は
(外)差しが優勢。

全体としての水準は微妙なところではあるが、脚の使い方としては結構中山に
近いかも知れない。

前半は受け流しつつも、ある程度好位のインから→踏ん張ったディアンドル
スタート直後に競り合って→直線も良く粘ったモズスーパーフレアは、やはり
好印象…という扱いにはなる。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事