2021年10月1日金曜日

スプリンターズステークス展望(ラップ傾向)2021


まとめ
  • ある程度速い流れから→なだらかに減速していく展開。
  • 持久力&持続力が問われる。
  • 上がりをしっかりとまとめられることが重要。

スプリンターズS過去10年のラップタイム

過去のラップタイムを見てこのレースの傾向を探ってみたい。

2020(グランアレグリア:1.08.3)
11.9-10.1-10.8-11.5-11.9-12.1

天候:曇 芝:良
レース前後半:32.8-35.5
勝ち馬前後半:34.7-33.6
勝ち馬コーナー通過:15-15


2019(タワーオブロンドン:1.07.1)
11.9-10.1-10.8-11.3-11.2-11.8

天候:曇 芝:良
レース前後半:32.8-34.3
勝ち馬前後半:33.6-33.5
勝ち馬コーナー通過:11-08


2018(ファインニードル:1.08.3)
11.7-10.3-11.0-11.3-11.5-12.5

天候:雨 芝:稍重
レース前後半:33.0-35.3
勝ち馬前後半:33.8-34.5
勝ち馬コーナー通過:06-08


2017(レッドファルクス:1.07.6)
11.9-10.8-11.2-10.9-11.1-11.7

天候:曇 芝:良
レース前後半:33.9-33.7
勝ち馬前後半:34.6-33.0
勝ち馬コーナー通過:11-10


2016(レッドファルクス:1.07.6)
11.8-10.5-11.1-11.2-11.2-11.8

天候:晴 芝:良
レース前後半:33.4-34.2
勝ち馬前後半:34.1-33.5
勝ち馬コーナー通過:09-07


2015(ストレイトガール:1.08.1)
11.7-10.7-11.7-11.2-11.2-11.6

天候:晴 芝:良
レース前後半:34.1-34.0
勝ち馬前後半:35.0-33.1
勝ち馬コーナー通過:08-09


2014(スノードラゴン:1.08.8) 注:新潟開催
11.9-10.5-11.3-11.9-11.3-11.9

天候:小雨 芝:良
レース前後半:33.7-35.1
勝ち馬前後半:34.9-33.9
勝ち馬コーナー通過:11-10


2013(ロードカナロア:1.07.2)
11.9-10.5-10.5-11.0-11.3-12.0

天候:晴 芝:良
レース前後半:32.9-34.3
勝ち馬前後半:33.4-33.8
勝ち馬コーナー通過:07-05


2012(ロードカナロア:1.06.7)
12.0-10.1-10.6-11.2-11.3-11.5

天候:晴 芝:良
レース前後半:32.7-34.0
勝ち馬前後半:33.3-33.4
勝ち馬コーナー通過:08-09


2011(カレンチャン:1.07.4)
12.0-10.2-10.8-11.2-11.5-11.7

天候:曇 芝:良
レース前後半:33.0-34.4
勝ち馬前後半:33.6-33.8
勝ち馬コーナー通過:06-06


過去10年の平均ラップタイム(2014年は除く)
11.87-10.37-10.94-11.20-11.36-11.86
1.07.59 33.18-34.41

<


ラップ傾向

(過去記事の一部修正)

過去の平均ラップタイムを見てみると、前半ある程度速くなりつつ、その後は
なだらかに減速していく展開で、最後までそれなりにスピードを保ったまま→
ゴールを迎える形。

この舞台だけに、スタートは一定以上の速い流れになりやすく、(現状でも)
馬場次第ではハッキリとした前傾戦にもなり得て、まずは持久力を備えている
ことが基本となる。

それを前提とした上で、以前と比べれば、(前後半で考えると)やはりレースの
フラット化が顕著になっているため、スピードに乗りつつ→上がりをしっかりと
まとめられることが必要。適性としては、当然持続力が問われる。

脚質的には、上がりの重要度が増したことで、差し馬の台頭が目立つようには
なったが、単純に決め手があればいい訳ではなく、これもまずは流れに乗って→
それに耐える…ということが出来てこそ。イメージとしては、好位差し辺りで、
前後半イーブンくらいでまとめられるタイプを中心に考えておきたい。


好走の条件
・持久力&持続力が必要
・上がりをしっかりとまとめられること





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事