2021年10月9日土曜日

サウジアラビアロイヤルカップ展望(ラップ傾向&予想)2021


まとめ
  • ある程度速い流れから、一旦溜めて→しっかり加速する展開。
  • 一定の持久力&切れが問われる。
  • 予想◎スタニングローズ

過去のラップタイム

2020 12.4-11.2-12.0-13.2-13.1-12.4-12.0-13.3
2019 12.3-10.8-12.0-12.1-12.0-11.2-10.8-11.5
2018 13.1-11.8-11.9-11.5-11.6-11.3-11.1-11.7
2017 12.3-10.6-11.4-11.8-12.2-11.5-11.5-11.7
2016 12.3-10.9-11.8-12.7-12.4-11.7-11.1-11.6
2015 12.2-10.8-11.7-12.3-12.3-11.4-11.4-12.1

~いちょうS(重賞)時代~
2014 12.4-10.6-11.4-11.9-12.3-11.5-11.5-11.9

過去7年の平均ラップタイム
12.43-10.96-11.74-12.21-12.27-11.57-11.34-11.97
1.34.50



ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半ある程度速い流れから、道中は一旦落ち着いて、
勝負所でしっかりと加速する展開。

このレースは、重賞に格上げされた(名前も変わったが…)ことで、明らかに
前半~道中が厳しくなっているので、まずは一定の持久力(重賞なりの格)を
備えている…ということが重要。

一方で「勝負所でしっかり加速する」部分は変わらないので、このコースの
イメージ通りに、適性面では"切れる"タイプを素直に選びたいところ。


好走する条件
・切れがあること
・一定の持久力は必要



予想


◎スタニングローズ
新潟2歳Sは、前半はゆったりと入ったが、道中をかなり高い水準で進めつつ→
しっかりとした決め手を発揮しての5着。32秒台の脚を使って差せない…という
負けは気にする必要がないし、シンプルにそのパフォーマンスを認めたい。
本来は前半からもっとスピードに乗れるタイプだし、ここで巻き返す可能性は
十分にありそう。期待しておきたい。

○コマンドライン
新馬戦は、初戦としては道中水準の高い流れを追走しつつ→上がりをしっかりと
まとめての勝利。一定の地力を示した。
大型馬で、反応の部分がもう少し欲しい面はあるが、夏を越して変わってくる
可能性もあるし、とりあえず止まらない雰囲気ではある。
やはり普通に好走はしてくるものとして扱いたい。

▲ステルナティーア
新馬戦は、(特に)前半かなり落ち着いたレースだったが、上がりは余裕を見せ
つつ→しっかりと交わしての完勝。高い性能を示した。
現状では地力が問われた場合にどうか?となるが、未知というだけでこなして
くる可能性ももちろんあるし、今回は少頭数で単純な上がり勝負もあり得る。
結局は走ってみなければ…だが、当然頭まで考えたい存在。

注ロードリライアブル
前走は、1コーナー前後で(膨らむような形で)脚を使いつつ、その後の道中も
単騎で締めつける競馬。最後はさすがに苦しくなったが、無理をした内容にも
拘らず、勝負所ではもう一脚を使えているし、距離短縮して→巻き返す可能性は
あっても良さそうなイメージになる。
マイペースで引っ張るようなら、シブとく粘り込む姿が見られるかも。注目。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事