2022年2月25日金曜日

京都牝馬ステークス@阪神回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 実質ミドルペースから、後半でしっかりと加速する展開。
  • (一定の持久力&)切れが問われた。

京都牝馬S結果

ロータスランド1.19.7 33.8 02-02
スカイグルーヴ1.19.8 33.7 04-04
タンタラス1.19.9 33.9 03-02
シゲルピンクルビー1.20.1 33.9 05-04
サンクテュエール1.20.4 34.1 07-07

天候:小雨 芝:良
上り4F:45.4 3F:33.9
前半3F:34.3
12.2-10.8-11.3-11.5-11.1-10.7-12.1



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半ミドルペースから、道中は形としては一旦落ち
着いて、勝負所でしっかりと加速しつつ→ラスト1Fは落ち込む形。

この日の他の芝レースはゆったりとした流れが多かったため判断しづらいが、
おそらく引き続き時計は出る状態だっただろうし、それを考えれば今回は、
実質ある程度溜められる形ではあった。
適性的には、(一定の持久力&)切れが問われた。

脚質的には、流れに乗った馬がハッキリと上位に入った格好。
ただし(絶対的な)スピード水準は低くない中で、好位につけた馬が→そのまま
上位の上がりを使った結果になっていて、その点では結局、(先行力も含めた)
性能面が物を言った印象ではある。

この先に向けては、スピードの中でしっかりと変化をつける…という部分で、
適性的にマイルに近いようなイメージにもなるし、5月に向けてもある程度は
つながっていく可能性があるのかも。
他路線組との兼ね合いにはなるが、注目していきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ロータスランド
番手から、後半しっかりと上げつつ→最後を踏ん張っての勝利。
展開は少し違っているが、スピードの中で上がりをまとめる…という部分では
関屋記念と近いイメージで、(馬体を増やしていた中ではあったが)キッチリ
立て直されていた雰囲気。
方向性として、ヴィクトリアマイルに対する適性は悪くないだろうし、(相手
次第ではあるが)やはり注目はしておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。