2022年11月12日土曜日

デイリー杯2歳ステークス@阪神展望(ラップ傾向&予想)2022


まとめ
  • 前半ある程度の流れから、溜め→しっかり加速という展開。
  • 一定の持久力&切れが問われる。
  • 予想◎クルゼイロドスル

参考ラップタイム

(2020&2021年⇔朝日杯FS&阪神JF&千両賞平均)


ラップ傾向

(過去記事の一部修正)

今年も阪神開催。とりあえずは朝日杯FS・阪神JFの両G1と、参考までに
(何故だかなくなった)千両賞の平均を眺めておきたい。

それらのラップタイムを見れば、(細かい違いはあるものの)道中~上がりは
はっきりと溜め→切れという形。とりあえず、後半で変化をつけられることは
重要になりそう。

また、出走頭数の違いにも当然よるだろうが、レベルの差は明確に前半部分に
表れており、一応G2のここでは、(実質的に)それらの中間くらいの流れを
こなせるかどうか?という点を、しっかりとチェックしておきたいところ。

※2021年&2020年は展開が両極端に振れたが、それらを基準とするのは少し
無理があるし(当然切れは問いたい)、上記の傾向をまずは踏襲しておきたい。


好走の条件
・一定の持久力&切れがあること



予想


◎クルゼイロドスル
前走は、前半~道中を一定に近い高い水準で進めつつ→しっかりとした決め手を
発揮しての勝利。その時のパフォーマンスは単純に高く、地力&性能面でともに
十分な裏付けとなっている。
今回の指数的にも1つ抜けている扱いだし、成否はともかく、本命に推すことに
全く迷いはない。大いに期待しておきたい。

○ショウナンアレクサ
前走に関しては最後あと1つ伸び切れなかった格好だが、経験した3戦の道中~
上がりで示しているパフォーマンスは安定。距離が替わっても(着は落とした
ものの)同じように走れているのは、中身の良さがあってこそだろうし、その
実力はここでも普通に上位扱いになる。
今回、再びマイルに距離短縮して、巻き返す可能性は考えておきたい。

▲フォーサイドナイン
前走は、厳しい流れの中で、自身イーブンくらいでまとめての勝利。末はあまり
伸ばせていないものの、変化自体はつけられているし、内容的には距離短縮に
つながっても良さそう。
ハッキリとした決め手勝負になった場合の不安はあるが、積極的な競馬から→
粘り込む可能性は考えておきたい。

注トーセントラム
前走は、スタートで後手を踏んで&何もせずに後方ポツンという競馬。細かく
脚を使うタイプ的に、(追い上げで力を使ってしまって→)最後まで伸び切れ
なかったが、自身が道中~上がりで示したパフォーマンスは高くなっているし、
ここでも十分上位に扱える。
もう少しついていく競馬をすれば、巻き返す可能性は十分。注目はしたい。

△シルヴァーデューク
サウジアラビアRCは、逃げ馬の作った展開はハッキリ受け流した格好だが、
自身としては道中まずまず高い水準から→上がりをまとめての3着。
そのパフォーマンスは、ここでもやはり上位に扱える。
現状では、最後の部分をあと1つ伸ばし切れるか?というのはある馬なので、
評価はここまでだが、やはり相手には考えておきたい。

△ダノンタッチダウン
新馬戦は、ゆったりとした流れの中で、外からまとめて…という形で、しっかり
とした決め手を発揮しての勝利。性能を示した。
現時点では地力の部分での裏付けはないので、扱いとしてはここまでになって
しまうが、とりあえずスケール感は十分にある馬。ここであっさりと更新して
くる可能性は考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。