2022年11月4日金曜日

アルテミスステークス回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 道中まずまずの水準から→しっかりと加速する展開。
  • 一定の持久力&切れが問われた。

アルテミスS結果

ラヴェル1.33.8 33.0 09-09
リバティアイランド1.33.9 33.3 06-06
アリスヴェリテ1.33.9 33.9 01-01
デインバランス1.34.0 33.6 04-04
マラキナイア1.34.1 33.8 04-04

天候:晴 芝:良
上り4F:46.0 3F:33.8
前半4F:47.8
12.6-11.4-11.8-12.0-12.2-11.4-11.0-11.4



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半は落ち着いた入り方だったが、道中は平均以上の
ペースを保つ展開で、そこからしっかりと加速しつつ、上がりが速くなった。

今回の場合、レース直後は単なるスロー…くらいに思っていたのだが、実際には
道中以降はアリスヴェリテが極端には落とさない形に持ち込んでいて、一定の
持久力を前提とした上での、"切れ"というイメージのレースだった。

脚質的には、後方の馬が勝ち切って、逃げ馬も残っている…というところで、
前後はイーブンに近いイメージになるし、シンプルに地力&性能が反映された
雰囲気ではある。

本番では、やはりもう1つ水準を上げてくる必要はあるが、勝ち馬などは過去の
(後の)G1馬たちと遜色ないような水準で走っているし、つながる可能性は
しっかりと考えておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ラヴェル
後方からになり、道中は徐々に詰める格好で低くない水準のラップを踏みつつ
→直線でしっかりとした決め手を発揮しての勝利。
とりあえず形としてはスケールの大きい競馬になったし、パフォーマンス的にも
十分な内容になっている。当然その実力は認めておきたい。
前半からもっと引っ張られた場合にどこまで対応できるか?というところでは、
まだ未知の部分はあるものの、可能性としては本番でも戦えて良さそう。
しっかりと注目はしておきたい。

リバティアイランド
中団から、前半~道中を一定に近い水準で進めて、進路確保に少し時間を要し
つつも→最後までしっかりと脚を伸ばす形での浮上。ゴール後は先頭まで行って
いたし、改めて性能の高さを示した。
地力の部分でも、今回は裏付け的にしっかり階段を上ったイメージにはなるし、
とりあえずは切れのみの馬ではないことを証明。本番ではもう1段or2段上げて
くる必要はあるが、さらなる前進を示す可能性も含めて、注目しておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。