2022年11月13日日曜日

福島記念展望(ラップ傾向&予想)2022


まとめ
  • 前半が速くなり、さらに後半も仕掛けの早い展開。
  • 高い持久力が問われる。
  • 予想◎アラタ

過去のラップタイム

2021 11.9-10.8-10.9-11.9-11.8-11.9-12.4-12.4-12.1-13.1
2020 12.6-11.3-11.8-11.9-12.0-11.8-11.7-12.0-12.1-12.4
2019 12.3-11.3-11.5-12.1-12.0-12.3-12.1-12.1-11.7-12.1
2018 12.3-10.9-11.2-11.7-11.5-12.0-12.1-12.3-12.1-12.2
2017 12.5-11.9-11.7-12.8-12.7-11.4-11.6-11.6-11.5-12.5
2016 12.3-11.3-12.0-12.8-12.6-12.1-11.8-11.6-11.5-12.8
2015 12.4-11.1-11.8-12.2-12.8-12.4-12.1-12.6-12.0-13.1
2014 11.8-11.1-11.9-12.3-12.3-12.2-11.8-11.7-11.2-11.8
2013 12.0-10.9-10.8-11.7-12.1-12.6-12.3-11.6-11.2-12.1
2012 12.0-11.3-11.5-12.5-12.6-12.7-11.8-11.8-11.3-12.0

過去10年の平均ラップタイム
12.21-11.19-11.51-12.19-12.24-12.14-11.97-11.97-11.67-12.41
1.59.50



ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半がある程度速くなって、2コーナー~向こう正面に
かけて一旦流れが落ち着き、その後ラスト4F~3Fで徐々にペースアップしつつ、
4コーナー~直線半ばで一気に力を使い→最後はラップがかなり落ちる形。

ここの特徴は、"前半部分の速さ"と、スパイラルカーブ&直線の短さという意識
に由来する"仕掛けの早さ"の2点。

スタート直後にある程度引っ張られつつ、3コーナー辺りからジワジワ加速して
いく…という展開によって、道中息の入らなかった馬が少しずつ淘汰されていく
サバイバル的な要素の強いレースとなり、持久力の高さがしっかり反映される。

脚質的には、ラスト1Fのラップが落ち込むことで、直線で隊列がガラっと変わる
ことも当然あり得るが、それ以上に、この展開に耐えられるかどうか?…という
部分がまずは重要なので、その裏付けだけはしっかり取っておきたいところ。


好走の条件
・高い持久力が問われる



予想


◎アラタ
札幌記念は、締まった展開の中で、自身も道中でかなり脚を使いつつ→直線は
少し苦しくなりながらも踏ん張って、ジワジワと詰めての4着。
トップクラスを相手にして、当然評価できる内容だった。
ここでは昨年3着。パンサラッサに対してはともかく、道中~上がりでは十分な
パフォーマンスを発揮できていたし、今回改めてという形で前進する可能性は
あって良さそう。最内枠がどう出るか?だが、やはり期待はしておきたい。

○サトノセシル
近走は、外を回しつつ→直線では脚を伸ばしながらも、あと1つ足りず…という
内容が続いている状況だが、道中~上がりでのパフォーマンスは安定していて、
その水準はここでも普通に上位扱い。
今回も外へ持ち出す可能性はありそうだが、福島であれば中枠から→少し持ち
出すくらいでちょうどハマっても良さそうだし、前進する目は考えたい。

▲ゴールドスミス
前走は、前に引っ張られる形で、自身も道中を高い水準で進めつつ→上がりを
しっかりとまとめての勝利。その時のパフォーマンスで考えれば、ここでも十分
上位に扱えるし、福島(芝)では、9F戦ではあるが2戦2勝という馬。適性面で
考えても、ハマって良さそうではある。
今回はどのような競馬をするのか分からないが、とりあえず控える選択なら。

注パトリック
前走は、最終的に差し馬がしっかり浮上した中で、(前からは少し離れていた
ものの)高いポジションから進めつつ→上がりをまとめた格好。
その時のパフォーマンスで考えれば、ここでも十分上位に扱える。
今回のような前半から引っ張られる(であろう)レースは久しく走ってないが、
元々の印象としては悪くないし、好走の可能性は考えておきたい。

△エフェクトオン
昨年ここでは5着。その時の道中~上がりで示したパフォーマンスは高くなって
いるし、直後の日経新春杯でも同じような水準で走って、しっかりと好走。
それらの内容を考えれば、ここでも上位扱いになる。
状態面は気になるが、重賞での好走がありつつも斤量は据え置かれているし、
食い込んでくる可能性はやはり考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。