2022年11月27日日曜日

ジャパンカップ展望(予想)2022



予想


前走で飛ばしたユニコーンライオンがどのような競馬をして、それに対して他の
馬がどう出るのか?

その想定は難しいが、直近で走ったペースはある程度影響するものだし、後続も
天皇賞の(控えて→実質スローという)ケースがあったばかり。
少なくとも単なる切れ勝負…という形にはならないような気はする。

それなりについていく形か、少なくとも道中から追い掛ける形で、一定以上の
水準のラップを踏みつつ→そこから上がりをしっかりとまとめられそうな馬を
中心に考えておきたい。


◎デアリングタクト
とりあえずこの舞台では3冠馬にしか負けておらず、その一昨年のJCが3着。
飛ばしたキセキに引っ張られつつ、自身も道中~上がりで高いパフォーマンスを
発揮していて、その時の内容で考えれば普通に上に扱える。
タイプ的には、宝塚記念では好走しているものの、やはり真っ直ぐに力を使って
こそ…というイメージの馬で、久々だったヴィクトリアマイルを除けば、ここは
上記したJC以来とも言えそうな適鞍。
前走&前々走はコース取りの部分である程度度外視できるし、一気に巻き返す
可能性はあっても良さそう。人気も甘いし、ここは推し切っておきたい。

○ダノンベルーガ
とりあえず今年のダービーは、道中水準がかなり高い展開になって、それはもう
普通にジャパンCの水準。この馬自身は、あと1つ上げ切れなかった…という
内容になっているが、(先着を許した馬たちはいないし)そのパフォーマンスを
今回のメンバーと横の比較をすれば、十分上位に扱える。
天皇賞が実質スローになったので、(厳しい中で)上げ切れるかどうか?という
点では現状では未知数だが、成長でカバーできている可能性はあってもいい。
ここで更新してくる目は考えておきたいところ。

▲ヴェラアズール
京都大賞典は、道中ゆったりした流れから→直線で1枚上の決め手を発揮しての
勝利。性能面ではここでもやはり上位に扱える。
その時&それまでのレースの道中でこなしている水準という点では、現段階では
(ここのトップクラス相手には)もう1つ欲しい感覚になるが、フットワーク
からは、距離&舞台にピッタリとハマりそうなタイプ。
ここで更新してくる可能性は十分にあっても良さそうだし、上記の1点には少し
目を瞑って、ここは高めの評価にしておきたい。

注シャフリヤール
昨年は落ち着いた流れからの→ロングスパートという展開の中で、最後の部分で
1つ伸び負けたものの、キッチリと3着は確保。実力は当然上位に扱える。
ただし個人的な印象としては、脚使いが少し細かく見えたこともあり、本質は
短縮方向…という感覚になったことも事実で、その点で、ここが本当にベスト
なのか?と言われれば、少し確信が持てない…。
何だかんだ勝ち切っているのはダービー&ドバイSCだし、4歳秋ということで
パフォーマンスを更新して→アッサリもあり得るが、評価は1つ控えておく。

△ユーバーレーベン
昨年6着。元々はオークスも勝ち切っている訳だし、この舞台に対する適性は
やはり一定のものを備えている。
前走・天皇賞は、実質的なスローペースの中で、自身としては道中まずまずの
水準から→しっかりと決め手を発揮しているし、8着でも(得意とは言えない
展開の中では)全く悪くない内容だった。
距離延長してもう少し体力が問われるなら、前進もあるはず。注目はしたい。

△グランドグローリー
昨年5着。勝ち時計がそれほど速くならず、後半は持続型の展開になった点で
向いた部分もありそうだが、その結果はやはり気にしておきたいところ。
昨年参戦した時の馬体重が466kgで、馬格がない訳ではないが大きくもない…
という馬ではあり、経歴を眺めると、斤量が成績に影響している雰囲気を感じ
なくもない(デビュー直後はともかく)。55kgはかなりプラスに働くのかも。
外国馬にとって環境が改善されている点も含めて、注目はしておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。