2022年11月11日金曜日

ファンタジーステークス@阪神回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • まずまずの入り方から、道中以降は一定に近いスピードを維持する展開。
  • 一定の持久力&持続力が問われた。

ファンタジーS結果

リバーラ1.21.3 35.0 01-01
ブトンドール1.21.5 34.2 11-10
レッドヒルシューズ1.21.6 34.8 05-05
トゥーテイルズ1.21.7 34.8 07-07
サラサハウプリティ1.21.9 34.7 09-10
クインズエルサ1.21.9 35.2 05-05

天候:晴 芝:良
上り4F:46.8 3F:35.0
前半3F:34.5
12.2-10.7-11.6-11.8-11.6-11.5-11.9



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半ある程度速い流れになり、道中は一旦落ち着いた
展開。そこから勝負所で少し加速して→最後まであまり落とさない形。

今回は、スタートではしっかり引っ張られているので、一定の持久力はやはり
必要になったが、勝負所で加速が入らない展開だった過去2年と比較すれば、
道中はじっくりと進めた格好。(このコースなので緩んだという程ではないが)
適性としては、(耐えるというより)"続ける"というレースだった。

脚質的には、引っ張られつつ→少し緩急がついた展開という点で、後ろも押し
上げやすさはあった印象。逃げ馬が勝ち切ったレースではあるが、前半で脚を
使っている分、前の馬には少し厳しかった気はする。

本番に向けては、前傾の持続勝負が外回りのマイル戦につながるか?は(毎度の
ことながら)微妙だが、もっとスプリント寄りの展開だった昨年&一昨年でも、
上位は一定の活躍を見せているし、今回も上位馬の地力はしっかり認めつつ、
一応の可能性は考えておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

リバーラ
早い段階でマイペースに持ち込んだ…というのはあるものの、スタートで脚を
使いつつ→直線も最後までしっかり持続させての勝利。
近くにいた(重賞での好走歴もある)馬が潰れている中で、押し通したことは
当然評価できるし、前傾の内容で6F戦を勝ち上がってきた馬が、距離延長して
パフォーマンスを更新…というのは、もはや脱帽。拍手を送っておきたい。
本番は、今回も前傾の内容だったので、距離延長だけでなく外回りに替わる点
からもどうか?とは思うが…、一応、驚かない心の準備だけはしておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。