2009年11月24日火曜日

福島記念回顧 2009


レース総括
■前半が相当に速くなり、上がりがある程度掛かる形
■持久力&持続力が問われた


福島記念結果
サニーサンデー1.58.6 36.3 02-02-02-02
トウショウシロッコ1.58.6 35.6 10-10-09-07
トーセンクラウン1.58.8 35.7 14-14-12-07
デストラメンテ1.58.9 36.1 08-07-05-03
サクラオリオン1.59.1 36.3 09-09-05-07
トーセンキャプテン1.59.1 36.0 13-12-12-12
レッツゴーキリシマ1.59.1 36.9 01-01-01-01
リクエストソング1.59.1 36.1 10-10-09-07

天候:曇 芝:良
上り4F:48.8 3F:36.4
前後半:57.5-61.1
11.8-11.1-11.1-11.6-11.9-12.3-12.4-12.4-11.6-12.4




レース詳細
ラップタイムを見れば、前半がかなり速くなり、向こう正面までなかなか
ペースが落ちない展開、その後は例年とは逆に3コーナーで流れが落ち着いて
4コーナーから一気に加速という形。

今回に関してはやはりレッツゴーキリシマの暴走に近い逃げに尽きて、それに
よって相当に前半に傾いたレース展開になり、当然のようにかなりの持久力が
問われることとなった。

とにかく前後半のタイム差が3.6秒という極端なハイペースだけに、脚質に
関しても、速い前半を少しでも受け流せる後ろの馬に有利だったと言える。
ただし隊列自体はそこまで長い形ではなく、後続もある程度引っ張られていて、
決して道中で楽が出来た訳ではなかったので、差し馬でもレースを通しての
持続力がなければ厳しい展開だった。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

サニーサンデー
軽ハンデだったとは言え、上位は前半の速さを受け流せたポジョションに
いた馬が多くを占め、好位の馬はほとんど潰れている中で、終始2番手から
押し切った内容は評価できる。
ラジオNIKKEI賞の段階でレースを通した持続力は示していたが、その水準は
さすがにこことは開きがあるので、夏を越して明らかなレベルアップがあった
ように思う。
この馬の場合、持久力&持続力に関してはおそらくかなり高いものを持って
いるが、その履歴からは明らかに切れ(決め手)という点で問題がある。
したがってこの先の活躍のためには、場合によっては自ら展開を作り、自分の
土俵に持っていく、ということが必要になりそう。
そういった意味ではこの吉田隼Jとのコンビはかなりプラスになるはずで、
人馬ともにしばらく注目しておきたい。

サクラオリオン
斤量、終始外目を回ることになったこと、速い流れを少し追いかけ過ぎたこと、
おそらく敗因は1つには決められないが、それでも掲示板だけはしっかり確保
している点で一定の地力は示した形。
まだまだこの先も適鞍では積極的に狙ってみたい。

レッツゴーキリシマ
あそこまで頑張って逃げる必要があったのかかなり疑問…。
同じようなハイペース戦だった中京記念と比較しても、前半は同じ程度で、
道中はその時の水準を上回る速さ、鞍上がどう考えていたのか本当に謎…。
馬の方に関しては、この内容でも終いでは大きく崩れていないということが、
逆に地力の高さの証明になっていて、すぐにでも巻き返せそうな雰囲気。
次戦でのパフォーマンスには特に注意しておきたい。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事