2009年11月8日日曜日

アルゼンチン共和国杯展望 2009


過去のラップタイムは以下の通り。

2008 7.3-11.3-11.4-11.9-12.2-12.0-12.1-12.3-12.2-12.0-11.6-12.3-12.2
2007 7.3-11.2-11.3-11.6-12.4-12.1-12.3-12.7-12.6-12.2-11.5-11.4-12.3
2006 7.1-10.7-10.7-12.1-12.0-12.3-12.5-12.9-12.4-12.6-11.8-11.8-12.1
2005 7.2-11.4-11.7-12.8-12.5-12.3-12.5-12.5-12.2-11.9-11.7-11.4-12.3
2004 7.7-11.5-12.0-12.3-13.4-13.2-12.8-12.6-12.0-12.0-11.3-11.3-11.7
2003 7.4-11.4-11.7-12.5-12.4-12.5-12.1-12.5-12.1-12.0-11.4-11.7-12.2

過去10年のラップタイム
7.33-11.25-11.47-12.20-12.48-12.40-12.38-12.58-12.25-12.12-11.55-11.65-12.13
2.31.80




傾向
ラップタイムを見ると、スタート直後はミドルペース、道中はこの距離なので
さすがに少し緩んで、3コーナーの下り坂から徐々にペースアップしつつ、
勝負所でもある程度加速をして、ラスト1Fは少し落ちる形。

とにかくここは京都大賞典のように極端に道中が緩むことはなく、この距離
としてはそれなりに道中の水準が高いので、一定の持久力は必要。
また後半6F、つまり3コーナー手前の丘の辺りからは各年の間でもバラつきが
少なくなっていて、ラップ的にはほぼ上記したような展開を想定してよく、
多少の切れと末の持続力は必須になる。

脚質的には、タフなコースを1周して、尚且つラスト3F脚を持続させなければ
ならないので、やはり基本は差し馬と見て間違いないだろう。


好走の条件
・一定の持久力は必要
・勝負所での切れ&末脚の持続力


予想
ペースはヴィーヴァヴォドカがどうするのかによるが、元々後続を離して
地力勝負を狙うような逃げが合っている訳ではないので、手替わりを機に
少し溜めるような乗り方をする可能性もある。
そうなるとその後につけそうなミヤビランベリ、アーネストリーあたりが
どのくらい突っかかるかで展開が決まることになるが、両馬ともに上がり
そのものには限界があるタイプなだけに、それほど控えたくないのも事実。
したがってやはりある程度の水準を保って道中が流れて、切れというよりも
一定の持久力が問われる展開を想定しておきたい。

◎ミヤビランベリ
前走の敗因は良く分からないが、馬体も明らかに太かったので、それを単純に
状態面と考えれば度外視可能。
この馬は切れはともかく、持久力&持続力は一級品に近く、それを活かせる
展開であれば、ここでも普通に押し切れて不思議でない。

○ジャガーメイル
前走は速いペースにある程度引っ張られた感があって、休み明けでその展開は
少し厳しかった。
当然そこからの上積みは期待していいだろうし、あとは道中でしっかりと脚を
溜めたい馬だけに、その特性の把握という点で鞍上の真価も問われそうな一戦。

▲スマートギア
一見すると終いの切れのみというタイプのようだが、実際には道中がある程度
速い展開からでもしっかりと終いの切れを発揮できる持続力も併せ持っている。
したがってこの舞台ならまずまず良いポジションで直線を迎えられそうで、
展開次第では頭まであり得る。
ただし例年のここの水準だと少し前を残しそうな印象はある。

注トウショウウェイヴ
道中~上がりでの持続力はかなりあって、決めても十分持っている。
それでも前半だけはどうしても楽をしたいタイプなので勝ち負けまで届くか
どうかはかなり微妙。

△ヒカルカザブエ
持久力に関しては全く問題なく、想定した展開で最も恩恵を受けるような
位置取りになりそうなのはこの馬。
したがって本来は勝ち負けに近いくらいの評価でもいいのだが、それなりに高い
水準の道中を想定している以上、休み明けというのはどうしても気に掛かる。

△ハギノジョイフル
持久力がある、というより持久力のみで勝負に挑んでいるような馬で、
この舞台なら道中のペースさえ速くなれば自然と浮上はできる。
別定G2でそれほど負けてない前走から5kgも軽い斤量で出走できると
なれば、普通に上位に顔を出せて当然なのでは。

△アーネストリー
日経賞の内容で考えれば、ここの水準だと少し終いが厳しくなりそうだが、
前走を見る限り春から比べて充実度が明らかに増していて、そこからの
上積みを考えたら、もう少し粘れてもいいかもしれない。

△サンライズマックス
持久力&持続力が高く、前が全く止まらないような流れでもない限りほぼ
確実に差し脚を伸ばしてくる。
ただしこの舞台だとそこまで突き抜けるような脚が使えるとは思わないので、
複勝県内or掲示板圏内までが妥当。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事