2009年11月21日土曜日

東京スポーツ杯2歳S展望 2009


コース改修後の過去のラップタイムは以下の通り。

2008 12.6-10.6-11.8-13.3-12.7-12.4-11.6-11.4-11.3
2007 13.0-10.9-11.3-11.8-12.4-12.8-12.0-11.3-11.9
2006 13.3-11.3-12.0-12.6-12.6-12.6-11.7-11.3-11.3
2005 12.7-11.2-11.8-12.2-12.6-12.4-11.6-11.0-11.4
2004 12.7-11.3-11.5-12.1-12.7-12.9-11.3-11.7-12.0
2003 12.0-11.4-12.0-12.7-12.9-12.8-11.5-11.7-11.9

過去6年の平均ラップタイム
12.72-11.12-11.73-12.45-12.65-12.65-11.62-11.40-11.63
1.47.97(35.57-37.75-34.65)




傾向
ラップタイムを見れば、前半はミドルペース、道中はしっかりと緩む展開で、
終いがかなり速い形。

とにかくここは、緩い流れからの完全な上がり勝負なので、ほとんど勝負所での
切れと直線での持続力のみのレースだと言ってよくて、実際にコース改修後の
全ての勝ち馬が最低でも34秒台前半の上がりを使っているように、上がりの
性能の高い馬を素直に選べば良さそう。

脚質的には、しっかりと切れ味を持った馬ならそこまでこだわる必要はないが、
この展開なだけに、極端に後ろのポジションからではさすがに厳しいので、
やはり中団あたりまでにつけられる馬がいいだろう。


好走する条件
・勝負所での切れ&末脚の持続力があること


予想
さすがに戦歴が浅すぎて展開の想定次第で予想が変わってきそうだが、
とりあえずメンバーを見た限りペースが速くなるとは考えづらい。
したがってスローからの決め手勝負想定で、一定の先行力+切れ味を
重視したいところ。

◎トーセンファントム
突き抜けられる脚があり、ここならある程度いいポジションにつけられる
くらいの先行力もありそう。
道中はおそらく前走以上に楽になるので、距離延長もそれほど気にする
必要はないだろう。

○アーバンウィナー
前走は道中でこちらが動いている分の差と考えれば、トーセンファントムとの
勝負付けはまだ済んでいない。
控えれば控えた分だけの脚は使えるので、あとは内枠を活かせるかどうか。

▲レッドバリオス
前走は(1戦目としては)道中も上がりもそれなりの水準を示している。
その時のままだと位置取り的にかなり後ろからになってしまうかもしれないが、
叩いた上積みを考慮して、もう少し道中でのパフォーマンスが上がれば。

注ニシノメイゲツ
前走は相当に持続力が問われる流れで勝ち切っていて能力は高そう。
この馬に関しては切れる脚が使えるかどうかは未知数だが、単純にそのような
レースに出走していないだけとも考えられて、とりあえず注目してみたい。
いざとなったら自ら展開を作ってもいいと思うが…。

△サンディエゴシチー
ここではまだ地力で何とかなるかもしれないが、決め手勝負で突き抜けられる
脚があるとは思えないので、勝ち負けまでは厳しそう。

△ローズキングダム
前走では決め手は示したが、道中の水準がさすがに低い。
叩いた効果でどの程度更新できるかによる。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事