2009年11月7日土曜日

武蔵野S展望 2009


コース改修後の過去のラップタイムは以下の通り。

2008 12.3-10.8-11.6-12.1-12.5-12.3-11.8-12.6
2007 12.7-10.8-11.8-12.1-12.4-12.0-11.7-12.0
2006 12.4-11.2-11.6-11.8-12.0-11.6-12.0-12.7
2005 12.5-10.8-11.2-11.2-11.8-12.1-12.9-12.7
2004 12.2-10.5-11.1-11.8-12.4-12.7-12.1-12.6
2003 12.1-11.1-11.5-11.9-12.2-12.1-12.3-13.0

過去6年の平均ラップタイム
12.37-10.87-11.47-11.82-12.22-12.13-12.13-12.60
1.35.60




傾向
過去のラップタイムを見ると、前半はある程度速く流れていて、その後道中に
かけて徐々にスピードが落ちていく展開、勝負所でもそれ程加速しないで
基本的には一定のスピードを維持しつつ、ラスト1Fだけは落ちる形。

ここ2年くらいは道中の水準が少し低くて、勝負所である程度切れが必要な
展開になっているが、基本的には前半~道中が速い展開を想定していい舞台で、
そうなると当然重要になってくるのは持久力&持続力。

脚質に関してはやはり前半のペースによるところが大きいものの、極端に後ろ
からではさすがに厳しいので、速いペースをある程度好位で受けられるような
地力の高さは必要になるだろう。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想
昨年あたりと比べるとメンバー的に明らかにレベルが高くなり、
速い馬やある程度好位を取りたい馬も多く、ペースが上がるのは必至。
当然予想は地力の高さ優先だが、少しだけ差し馬の方に意識を向けておく
必要があるかもしれない。

◎サクセスブロッケン
出走馬の過去の履歴を洗う過程で、この馬が勝ったフェブラリーSを
持ち出したらそれ以上の内容を示しているレースなんてある訳がなくて、
上がりのスピード勝負だと分が悪いものの、しっかり地力が問われる流れなら
崩れることはほとんど考えられない。
斤量は背負うが叩き2走目の上積みの方が大きいだろう。

○トランセンド
まず前走に関しては、道中が自身の履歴でも未勝利戦に匹敵するくらいの緩さで
上がりそのものには限界がある馬だけに、完全に切れ負けしたという扱い。
それを度外視すれば、前々走のレパードSでは同世代の実力馬を完封したのにも
関わらず、今回は実質最も軽い斤量で出走できるとなれば、普通に上位に残って
当然の存在では。

▲マチカネニホンバレ
前々走の敗因が良く分からないが、条件戦の段階で相当にハイレベルな内容を
示しているし、決して厳しい流れが合わないとかの理由ではない。
それが状態面の問題などで度外視可能ならば、道中が緩かった前走はともかく、
既に持久力の面での裏付けは十分で、ここでも上位争い出来るはず。

注テスタマッタ
JDDは道中が緩い展開だったので距離克服とまでは言い切れないし、やはり
決め手などを考えても、このくらいの距離の方が合っていそう。
前半~道中の速さへの対応にはまだ未知数の部分があるし、58kgはさすがに
かわいそうな感もあるが、展開は向きそうなだけに。

△シルクメビウス
ユニコーンSは確かに強い内容だし、実力のある馬だとは思う。
それでも持続力に頼ったレース内容が目立ち、何となく軽さを感じる(力強さに
欠ける)ようなイメージが拭えなくて、ガツガツと削り合うような戦いが
向いているとは思えない。
最後、複勝圏内or掲示板に突っ込んでくるところまででは…。


×ラヴェリータ
地力は高いし展開的にも向くと思うが、さすがにこのメンバーだと絶対値で
劣っている感は否めない。

×ワンダーアキュート
さすがにここだと忙し過ぎるのでは。
道中の水準に耐えられるかどうかも謎。

×セレスハント
マイルではオアシスSまで遡るとなかなか強い内容を示しているが、さすがに
このメンバーだとラストを粘るのは難しそう。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事