2009年11月24日火曜日

マイルCS回顧 2009


レース総括
■レース前半が遅く、上がりに偏った展開
■末脚の持続力勝負


マイルCS結果
カンパニー1.33.2 33.5 07-07
マイネルファルケ1.33.4 34.7 01-01
サプレザ1.33.4 34.0 05-05
キャプテントゥーレ1.33.4 34.4 02-02
アブソリュート1.33.5 33.0 17-17

天候:小雨 芝:良
上り4F:46.0 3F:34.5
前半4F:47.2
12.1-10.9-11.8-12.4-11.5-11.4-11.2-11.9




レース詳細
ラップタイムを見れば、前半はこのレースとしては遅い部類のミドルペース、
道中は3コーナー手前が相当に緩む展開で、その後下り坂から一定のスピードを
刻む形の上がり勝負。

今回の特徴はやはり前半の緩さで、特に4F目に関しては、3コーナー手前の
上り坂に当たる部分ではあるが、どれだけマイルCSの歴史を遡ってみても、
例え不良馬場であっても、道中で12.4秒なんて数字が刻まれたことはない。
(前半が速すぎて後半に現れることはあるが…)

基本ハイペース戦で、日本一堅いG1と言われていた時代とならともかく、
終始ミドルペースで流れる近年のレースと比べても、道中の水準は際立って
低くなっていて、完全に上がりのみの切れ&持続力勝負だったと言える。

当然この展開では、脚質的には圧倒的に前の馬有利だったわけだが、結果と
しては、そこに前半でじっくりと脚を溜めて直線で決め手を発揮した馬が
加わった形になっている。

逆に道中の速い展開から地力を活かしたい馬には厳しく、その手のタイプは
こぞって切れ負けという結果に終わっている。
(全ての馬が上がり34秒台に収まっているのがその証明)

とにかく今回はメンバー構成もレース展開も、完全にカンパニーのための
レースだったようなもの。
したがってこの先には積極的につながるとは言えないが、これだけ頑張った
馬が最後に3連勝を飾って引退…という形自体は良かったようにも思う。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

カンパニー
このレースの価値はともかく、個人的にはある程度好きな馬だったので
良い形で締めくくれて良かったように思う。
この馬を超えられたところが一流の領域という"格の番人"的な重要な
位置付けにいた存在で、その馬があっさり勝ち切っていることを考えれば、
特にマイル戦線では新たなスター出現が待たれるところ。

マイネルファルケ
レースを通して持続できる馬だが、キャプテントゥーレ、ヒカルオオゾラが
ある程度控えたことによって、今回は前半部分でかなり楽が出来て、後半に
しっかり余力を残すことが出来た。
その後3コーナー下りからはペースを上げて、切れ味勝負にはさせないように
していて、鞍上のレースマネージメント能力の高さが功を奏した形。
今回の内容だとさすがにG1・2着をそのまま信用するのは危険で、この先の
取捨は適鞍をしっかり見極めてから…というのが妥当。

キャプテントゥーレ
この馬が出走するとスローになるのだろうか?
(溜め→切れ味を発揮したい馬なので、番手が逃げ馬を突っつかずにスロー
という構造で、案外あり得るのだが…)
とにかく結局今回も緩い流れで、厳しい道中でのパフォーマンスという点は
分からず終い。いつになっても欲しい情報が得られない…。
まだまだ基本的には疑って掛かりたい馬。(スローならもちろん別だが)



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事