2009年11月22日日曜日

マイルCS展望 2009


予想
普段なら掲示板争いがいいとこ…というメンバー構成。
強い馬が他に何頭もいれば別でもこの相手なら!と考えるジョッキーは
いるだろうし、その思惑次第で展開が左右されそう。
とりあえず今回は一定以上の道中からそれなりに速い決め手を繰り出せそうな
馬をピックアップするという形で予想したい。
(このレベルのG1をやっているとそろそろ外国馬に持って行かれそうだが…)

◎カンパニー
道中~上がりの持続力と終いの部分での決め手に関しては全く文句はない。
問題は前半だけで、最初から飛ばして最後まで押し切れる馬ではないだけに
どうしてもスタート直後はゆったりしたい。
そうなると何かしら前を残す可能性は十分あり得るのだが、このメンバーだと
敢えて逆らった選択をすること自体が難しく、とりあえず崩れることはない
軸としての本命。

○マルカシェンク
前走の内容だと前から2秒くらい離れたポジションになりそうだが、それでも
道中~上がりでのパフォーマンスは十分ここの水準をクリアしているし、昨年
自身がマイルCSで示した内容を超えている。
復調の気配も感じることだし、ゲートがすんなりなら勝ち負けに近いところに
いても不思議ではない。

▲ライブコンサート
どんな展開でも上がりの脚は大して変わらない。
それならば当然道中から速く流れる展開の方が力を発揮できるはずで、
突き抜けられるだけの切れはないものの、格が上がれば自然と浮上してくる。

注ザレマ
前々走では相当な持続力勝負を勝ち、前走では逆に道中で少し溜める形からの
上がり勝負にも対応していて、これだけ適性的な幅があればどのような展開に
なってもしっかりと実力を発揮できそう。
絶対値を考えるとマイルG1で勝ち負けというのは厳しそうだが、馬場悪化なら
可能性を感じなくもない。

☆サプレザ
前走・サンチャリオットSでは過去10年でも最も速いタイムで勝っていて、
ちょっとくらいの馬場差なら普通に対応してきそう。
時計への対応が大丈夫なようなら、持続力はさすがに問題ないだろうし、
日本馬がこのレベルしか集まらないのなら、そろそろ外国馬でもいいのかも…。

△アブソリュート
前走は勝負所までしっかりとペースを保って…という形で、基本的には
上がりのみの内容。
馬場悪化などプラスになりそうな要素もあるが、案外使える脚が限られて
いるようにも感じて、掲示板あたりになだれ込むくらいのイメージ。

△ヒカルオオゾラ
基本はレースを通した持続力が売りの馬だが、道中で気分良く行かすと
終いでは味が出ない。
逆に控えたらその分だけの脚は使えるので、ここで好走があるとしたら
道中でしっかり脚を溜めることが条件。
そう考えると本来ならこのジョッキーでベストにも思えるが、先週のことが
あるだけに鞍上がどちらを選択するのか非常に読みづらい…。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事