2010年4月14日水曜日

ニュージーランドT回顧 2010


レース総括
■ゆったりとした流れからロングスパート気味の展開
■持続力が問われた


ニュージーランドT結果
サンライズプリンス1.32.9 34.8 08-02-02
ダイワバーバリアン1.33.2 34.8 04-05-04
レト1.33.3 34.8 08-05-04
キョウエイアシュラ1.33.6 34.4 13-13-11
ニシノメイゲツ1.33.6 34.9 08-09-08

天候:晴 芝:良
上り4F:46.2 3F:34.9
前半4F:46.7
12.4-11.0-11.5-11.8-11.3-11.7-11.5-11.7




レース詳細
ラップタイムを見ると、レース前半はこのレースとしては平均的、もしくは
ややゆったりした流れだったが、3コーナーあたりでペースアップしてからは
ゴールまで速いスピードを維持する形。

今回はとにかく勝ち馬の強さが際立ったレースだったがそれは後述するとして、
レースとしてはロングスパート気味の展開になったために、道中~上がりでの
持続力が物を言った。

これだけ長い脚を必要とする展開なので、各馬の地力はしっかり反映されたと
言えて、上位陣に関してもそれぞれ中身のある内容を示しているので、この先
には十分つながっていきそう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

サンライズプリンス
少し後手を踏む形から3コーナーまでには先頭に並び掛けるところまで押し
上げ、直線も早め先頭から速いスピードを持続したまま押し切ってみせた。
今までは、持ち前の高い持久力を活かせる、もう少しメリハリのある展開の
方が合うタイプというイメージで、マイルのスピード持続力勝負は適性的に
微妙だと考えていたのだが、それを大幅に覆されてしまった…という感覚。
とにかく次戦がNHKマイルCなら、切れ負けする可能性はまだあり得るが、
普通に勝ち負けという雰囲気。

ダイワバーバリアン
勝負所での余力を見ても、しっかりと地力の高さは示した訳だが、好位の内で
ギリギリまで溜められた形なので、内容的には1、3着馬よりかは恵まれた
要素が大きい。
それでも適性面ではここがピッタリ嵌るというわけではないので、もう少し
持久力を活かせるような舞台での更なる前進を期待したいところ。

レト
勝ち馬の内容と比較すると少し薄い印象になってしまうのだが、ある程度
捲くっていく形から前に迫ったという内容で、持ち前の持続力は発揮した形。
対ダイワバーバリアンということであれば、普通に負けて強しの内容で、
次戦での巻き返しを十分に期待できるところだが、自身得意の展開で完敗の
サンライズプリンスに対してはどうしようもない雰囲気はある…。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事