2010年4月25日日曜日

フローラS展望 2010


コース改修後の過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2009 12.6-11.6-11.8-12.1-12.5-12.6-12.7-12.1-11.7-12.5
2008 12.7-11.7-11.7-12.3-12.7-12.2-12.1-11.3-11.3-12.5
2007 12.7-11.8-11.9-12.0-12.5-12.2-12.2-11.4-11.6-12.5
2006 13.0-12.0-12.1-12.2-12.2-12.5-12.2-11.8-11.5-12.2
2005 12.9-12.1-11.4-12.1-12.9-12.7-13.0-11.7-11.3-11.7
2004 12.7-11.6-12.2-12.2-12.7-12.5-12.5-11.7-11.3-11.7
2003 12.8-10.7-11.4-12.5-12.8-12.2-12.4-11.4-12.1-12.3

過去7年の平均ラップタイム
12.77-11.64-11.79-12.20-12.61-12.41-12.44-11.63-11.54-12.20
2.01.24




傾向
ラップタイムを見ると、前半ミドルペースくらいの流れから、道中はさすがに
落ち着く展開になり、ラスト3Fで一気に加速して、最後だけ少し落ちる形。

ここの特徴は、何はともあれ勝負所での一気の加速という部分で、当然のように
切れが必要になる。
またそこからゴールまでが長いということもあり、末の持続力がなければ最後
まで伸び切ることができない。

脚質的には、抜群の決め手を備えた馬がまとめて差し切るという可能性も十分
あり得るが、開幕馬場と息を抜ける展開を考えたら、やはり好位から進めて
最後まで持続できるようなタイプの方が信頼度は高そう。


好走する条件
・勝負所での切れ&末脚の持続力があること


予想

◎ブルーミングアレー
道中が厳しくなっての脚の削られ具合は気になるが、末脚の持続力は確かで、
そういった意味では道中をゆったり走れそうなここなら持ち味を発揮できそう。
良いポジションさえ確保できれば少なくとも普通に上位にはいそう。

○ベストクルーズ
タイプ的にここが合うという馬でもないが、持久力はまずまず高いものを
持っていて、適性以前にそろそろ地力だけでも主張できるメンバー構成に
なってきただけにここは期待したい。ある程度好位から進める形であれば。

▲アマファソン
前走で見せた持続力に加えて、溜めればその分だけの決め手が使えるという
点でもこの舞台は合っていそう。届く位置取りであれば。

注サンテミリオン
馬体の強さと溜められた場合に押し切れる力は相当なものがありそうだが、
持久力に関しては何も裏付けがなく、正直なところ現状では疑問を感じる。
結局道中が緩めば問題はないのだが…。

△フラムドール
決め手に関してはあと1つ物足りないが、前走でも道中が厳しい流れを好位から
良く粘っていて、その持続力は評価できる。
好位からの積極的な競馬でどこまで粘れるか…といったところだが。

☆アグネスワルツ
前走の内容はかなり強いもので個人的にも期待していた馬だが、適性的には
この舞台は少し微妙だし、さすがに骨折明けの状態では強くは推せない。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事