2010年4月18日日曜日

皐月賞展望 2010


予想
メンバー的にもこの舞台の平均程度の流れにはなりそうで、もちろんスピード
持続力は必須となるが、昨年程のハイペースはまずないだろうし、例えば
ダービー向きの馬の脚が削られるという事態を、そこまで深刻に考える程では
ないという雰囲気。

◎ヴィクトワールピサ
ローズキングダムが敗れた時点でこの馬大人気は仕方のないところだが、
タイプ的にはここよりもダービーのイメージに近い馬だけに、感覚的には
何とか割り引く方向から入りたくなる。
しかしここの流れを凌ぐ程の道中の裏付けを持ち、何の文句もなく推せる
ような馬もいないので、結局はこの馬で仕方ないのかもしれない…。

○ヒルノダムール
若葉Sは前とは離れてはいたが、前半~道中でかなり引っ張られる形で、
今回のメンバーが経験してきた厳しいレースと言えばこれが1番。
それでも最後は持久力の高さでなだれ込んだだけというイメージなので、
ここで勝ち切るにはあと1つ足りない印象。

▲ネオヴァンドーム
馬体面からは皐月賞向きという印象をかなり受けるし、この人気なので本命に
しようかとも思ったのだが、やはり道中の裏付けが足りない現状では信用
し切れない部分があるので、このあたりに留めておきたい。

注ローズキングダム
前走との比較なら、今回の方が確実に前進を期待できるとは思うが、ここで
勝ち切るためには、その時の内容から2段階くらいの上積みが必要になりそう。
崩れるタイプではないだけに好走はしてくるだろうが、勝ち負けのイメージには
どうしてもならない。

△エイシンアポロン
持続力という点では相当なものを持っているので流れ自体は確実に合う。
それでもここではガス欠の心配があるので、少しでも道中で溜められるような
展開にならないと勝ち負けまでは厳しそうな雰囲気。
馬場悪化で見直す余地が出てきたことは確かだが…。

△ゲシュタルト
ここの流れ自体は合っているが、もう少し軸がしっかりしてこないと、この
メンバー相手に押し切る形で主張するのは難しいかもしれない。
展開次第で上位に残る可能性は考えておきたいが…。

△アリゼオ
前走の内容はある程度評価すべきだが、それでもこの舞台で押し切れる程の
パフォーマンスだったとは言い難い。
そこから比べると悪条件が増えてのメンバー強化ではなかなか厳しそう。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事