2011年6月1日水曜日

目黒記念回顧 2011


レース総括
■前半速く、緩まない道中からの加速勝負
■持久力&切れ(への対応力)が問われた


目黒記念結果
キングトップガン2.32.5 36.6 03-02-02-02
ハートビートソング2.32.5 36.2 03-04-04-03
ヤングアットハート2.32.6 35.7 12-11-11-13
トレイルブレイザー2.32.6 36.1 08-08-07-07
マカニビスティー2.32.6 36.1 07-07-07-07
マイネルアンサー2.32.6 35.4 15-15-15-15

天候:雨 芝:稍重
上り4F:49.3 3F:36.7
7.0-10.9-11.0-12.4-12.7-12.4-12.1-12.3-12.4-12.6-11.4-12.1-13.2




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半速く、道中も極端に緩む場面がないまま、ある程度
締まった展開になり、勝負所で一気に加速した後は、完全に右肩下がりの形。

今回の特徴は、まずは前半の速さ&道中の淀みのなさだと言えて、当然のように
一定以上の高い持久力が問われたことは間違いない。

また今回は、直線入り口での瞬間的なペースアップというのも1つの大きな特徴
となっていて、勝ち馬が(51kgという軽斤量を活かして)前を交わしつつ一気の
抜け出しを謀ったことで、それを慌てて追い掛けた後続の脚の使い所に、狂いが
生じた可能性がある…という点も見逃せない。

つまり本来はこのような展開であれば、(前の馬も余力がなくてギリギリまで
待ちたい為)それ程大きな加速を示さずに持久力&持続力勝負となり、最後まで
ジリジリ伸び切りたいようなタイプが浮上しそうなものだが、今回の場合は、
一気に力を解放して最後踏ん張る(少しでも減速を抑える)という、加速勝負
への対応力を備えたタイプに向いたと言えそう。

どちらにしても今回は、上記のように積極的に仕掛けた馬がそのまま押し切った
訳なので、結局は横山典Jの好騎乗に尽きる…という雰囲気。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

キングトップガン
やはり今回の形では斤量&鞍上の腕による部分も大きいが、それもこの馬自身が
勝負所まで余力を残していたからこそだし、大阪-ハンブルクCに続いて締まった
展開で好走した訳なので、持久力に関しては一定の評価をしておくべきだろう。
当然次戦以降では、斤量面でも条件が変わってくるはずだが、スタミナ勝負では
一応注意はしておきたい感覚。

マイネルキッツ
勝負所かなり早い仕掛けをして、先団に追いついた所で前が一気に加速→自身も
そのまま行き切るしかない状況で、結局最後伸び切れなかった…という内容。
この展開の1番の犠牲者はこの馬かも知れない…。
そう考えると、とりあえず巻き返しに期待という気持ちにもなるが、しばらくは
適鞍がない…というのが辛いところ。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事