2011年9月4日日曜日

新潟2歳S展望 2011


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2010 12.9-11.0-12.1-12.3-12.0-11.4-11.1-11.7
2009 12.6-10.5-12.0-12.7-12.8-11.6-10.4-11.8
2008 12.5-10.6-11.6-12.5-12.9-11.7-11.1-12.5
2007 12.8-10.7-12.1-12.3-12.1-11.5-10.6-12.0
2006 12.8-10.8-12.4-12.7-12.6-11.2-10.8-11.9
2005 12.4-11.1-11.7-12.6-12.6-11.5-10.9-12.2
2004 12.8-11.2-12.2-12.6-12.3-11.1-10.3-12.3
2003 12.5-10.8-11.5-12.3-12.2-12.0-10.8-12.9
2002 12.7-10.9-11.6-11.9-12.0-11.5-11.2-12.0

過去9年の平均ラップタイム
12.67-10.84-11.91-12.43-12.39-11.50-10.80-12.14
1.34.69




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れになり、
道中はさすがに緩む展開で、勝負所ではかなり加速して上がりの速くなる形。

このレースは、基本的には道中がゆったりした流れになるので、やはり速い
上がりに対応できることがまずは重要で、当然勝負所での切れと長い直線を
伸び切れる持続力が必要になる。

脚質的には、前半がある程度速くなる場合もあるので、上がり勝負とは言っても
単純に前有利とはならず、前半でしっかりと脚を溜めて、周りとは違う決め手を
発揮するタイプが勝ち切ることが多い。

ただしこの先に向けては、セイウンワンダーやエフティマイアのように、道中
から脚を使い、終いでもしっかりとした決め手を発揮して、総合力を見せた馬が
活躍を見せているので、その点は注目しておきたい。


好走する条件
・切れ&持続力があること


予想

◎ラフレーズカフェ
前走は前半速く、道中も緩まない展開を好位から押し切っていて、なかなかの
持久力&持続力を示した格好。
その内容からは一瞬の切れ味…とかは結局未知数ではあるが、ある程度前から
地力を活かすような競馬をすれば、残ってしまいそうな雰囲気は感じる。

○クリッピングエリア
前走は、道中がほとんどここのレベルの水準で、この馬自身そこで押し上げた
内容から、最後もなかなかの持続力を示した格好。
総合的なパフォーマンスで比較すれば、究極上がりを使って勝ち上がってきた
タイプよりも完全に上を行っている。
変に控えた競馬をしなければ、普通に上位には食い込んできそう。

▲ニンジャ
前走は流れ自体は特に厳しい訳ではないが、極端には緩まない展開から、一定の
切れと最後までしっかり伸び切れる持続力を示した形。
馬体的にも完成度は低そうではあるが、バランス良く、これは好感が持てる。
もちろんパフォーマンスの更新は必要だが、それが出来そうな雰囲気は十分。

注プレノタート
前走は速い前半にある程度引っ張られる形ながら、最後も一応は浮上しており、
一定の持久力と切れは示した格好。
とりあえず極端に控えることがなければ、上位に食い込んできてもいいはず。

△モンストール
前走はまずまずの流れから、一応は切れを発揮した格好で、パフォーマンス的に
初戦としてはなかなかの内容。
あとは終いを伸び切れるかどうかという点で、どれだけ出来るかに注目したい。

△ダローネガ
前走に関しては、父親譲りっぽい、ラスト1Fの迫力は十分に伝わってくるが、
道中はさすがに緩過ぎで、地力を信頼…とかは現状ではとりあえず無理。
あくまでパフォーマンスをしっかり更新してくれば…という扱い。

△ジャスタウェイ
決め手という点では文句はなくて、終いまでしっかり伸び切れそうな雰囲気も
あるが、前半でもう少し引っ張られた場合にどれだけ出来るかは結局未知数。
走られても仕方がないが、凡走しても特に驚きはない。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事