2011年9月18日日曜日

セントライト記念展望 2011


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2010 12.1-11.0-11.7-11.8-12.1-11.7-11.7-11.8-12.0-12.2-12.8
2009 12.3-11.5-11.9-12.7-12.5-11.9-11.5-11.8-11.7-12.0-12.2
2008 12.6-11.5-11.9-12.3-12.9-12.6-12.5-12.6-11.8-11.8-12.1
2007 12.0-10.7-11.6-12.1-12.7-12.7-12.4-12.2-11.8-11.9-11.9
2006 12.0-11.6-11.9-12.2-12.5-12.4-12.2-12.0-12.0-11.6-12.7
2005 12.4-11.1-12.0-12.2-12.4-12.2-12.4-11.9-11.7-11.8-11.7
2004 12.2-11.2-11.6-11.9-11.9-11.9-12.0-12.0-11.9-11.5-12.0
2003 13.3-12.4-13.3-13.3-13.5-12.9-12.9-12.6-12.7-13.2-14.4
2002 12.1-11.2-11.7-12.8-13.3-12.5-12.2-12.1-11.8-11.5-11.7(注:新潟開催)
2001 12.8-10.6-12.4-12.2-12.7-12.4-12.2-11.9-11.8-12.1-12.0

過去10年の平均ラップタイム(2002年は除く)
12.41-11.29-12.03-12.30-12.58-12.30-12.20-12.09-11.93-12.01-12.42
2.13.57




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れ、道中は
一旦は落ち着く展開になるが、向こう正面の下り坂から徐々に加速して行き、
上がりはロングスパートの形になる。

中山2200mは本来なら前半がスローに流れやすいコースではあるのだが、この
レースに限っては、コース平均と比べても前半が速く流れていて、そうなれば
当然好走のための条件の中で、持久力の占める割合が大きくなる。

また上記したように、向こう正面からペースアップして、上がりの部分では
長い脚が必要な展開になるために、勝負所で動いて行ける程度の切れに加えて、
末脚の持続力を持っていることが重要になる。


好走する条件
・持久力があることと
・末脚の持続力(&一定の切れ)が必要


予想
今回は明確な逃げ馬は1頭くらいだが、先行馬は結構揃っていて、少なくとも
スタート直後は前掛かりな展開になりそうな雰囲気がある。
ここでは、前半引っ張られて浮上できる持久力と、ロングスパートを伸び切れる
持続力が必要だが、両方を併せ持っている馬はなかなかいない中で、今回の展開
的には、まずは前者の方を重視したいイメージ。

◎ベルシャザール
前半速いホープフルSやスプリングSでしっかり浮上して、適性的にそれらと
似ているイメージのダービーでも馬券に絡んだ。
その点から純粋に持久力では、今回のメンバーの中では最上位扱いでいいはず。
基本的にメリハリがある展開の方が良さそうなタイプなので、本来はこの舞台の
ロングスパート戦は微妙だが、持久力>持続力というセントライト記念に限れば
こなせても良さそうに思える。

○サダムパテック
純粋に持久力という点で、ダービーでもう少し出来ていて欲しいイメージだが、
道中早めに追い掛けた東スポ杯2歳Sで突き抜けて、締まった展開の皐月賞でも
キッチリ浮上して2着しており、持続力に関しては1つ上の存在。
単純にここは、前から粘り込める馬が何頭いるか…という問題に思える。

▲ショウナンバーズ
ある程度引っ張られる展開からでもしっかり浮上して(残って)いる馬なので、
持久力という点では十分上位に扱える。
あとはロングスパートへの対応だが、前走の最後までラップの落ちない展開でも
止まっていないし、持久力>持続力というここなら残れても良さそう。

注トーセンラー
きさらぎ賞の早めに追い掛けて伸び切った内容は、持続力という点での十分な
裏付けになっていて、この舞台に対する適性はありそう。
あとは前半部分でしっかり引っ張られてどこまで出来るか…という問題。

△ヒットザターゲット
前走は完全に締まった展開を番手で受けて立ち、最後は少しガタついて勝ち馬に
離されての2着だったが、純粋な意味での持久力は十分発揮している。
持続力に関しては少し不安もあるが、好位から残る可能性はあってもいいはず。
元POG指名馬で、今更活躍されても遅いが…応援はしたい。

△マイネルメダリスト
純粋に持久力という点ではなかなかのものを見せていて、最後粘り勝負になれば
面白い存在だが、開催2週目で馬場も速く、最後まである程度のスピードを維持
する展開になる今回は、浮上しきれるかどうか微妙な印象。

☆トウシンイーグル
引っ張られる展開を浮上する形は得意で、持久力に関しては十分という馬。
ただし終いを伸び切れるかどうかという点で、ここの展開は少し疑問に感じて、
展開が嵌っても掲示板くらいの印象。

☆ユニバーサルバンク
前半で引っ張られる形からの溜め→切れというのは発揮できる馬で、レース全体
としてのここの展開には嵌ってもいいが、長い脚が問われる後半のラップ構成に
対しては、最後伸び切れるかどうか不安を感じる。

☆フェイトフルウォー
持続力に関しては早い時期にしっかり発揮している馬で、厳しい展開になれば
ここで浮上してきてもおかしくはないが、単純にスピードという点で、何となく
限界を感じなくもない。今の馬場でどうか…という気持ちの方が強い。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事