2014年3月8日土曜日

オーシャンS展望 2014


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2013 11.8-10.5-10.8-11.5-11.5-12.4 33.1-35.4
2012 11.9-10.4-11.1-11.4-11.6-12.8 33.4-35.8
2011 12.0-10.6-11.0-11.5-11.2-11.5 33.6-34.2
2010 11.9-10.4-11.1-11.4-12.1-12.9 33.4-36.4
2009 11.8-10.6-11.0-11.4-11.7-12.7 33.4-35.8
2008 12.0-11.0-11.1-11.4-11.2-12.2 34.1-34.8
2007 11.8-10.5-11.2-11.6-11.3-11.8 33.5-34.7
2006 12.1-10.4-10.8-11.3-11.3-12.7 33.5-35.9

過去8年の平均ラップタイム
11.91-10.55-11.01-11.44-11.49-12.38
1.08.78 33.50-35.38




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、2F目以降は基本的にはしっかり
減速していく展開で、勝負所で少し耐えた後、ラスト1Fはガタっと落ちる形。

このレースの特徴は(このコースらしく)やはり前半部分の速さで、基本的には
ハイペースからの持久力勝負が想定できる。

そうなれば当然、厳しい展開を浮上した、もしくは粘り込んだ経験を持っている
タイプが中心になることは間違いなくて、例えば京都などの、ある程度上がりの
速い舞台で(のみ)実績を示しているタイプの扱いには注意しておきたい。


好走する条件
・スピード(耐性)&持久力があること


予想

◎アースソニック
前走に関しては、最内発走で結果的に逃げる選択肢しかなかった部分もあるし、
当時の馬場を考えれば、厳しい競馬をしつつも良く粘った…という扱いになる。
この馬の場合、昨年は京阪杯を制したが、元々は重い馬場の方が結果が出ていた
イメージがあるし、今の馬場には嵌っても良さそうに思える。
今回は、このメンバーで行き切る選択には恐らくならないだろうし、少し控えた
格好から、直線でしっかり浮上する可能性が十分ありそう。期待してみたい。

○スマートオリオン
アクアマリンSやハッピーエンドCの内容は、OPのラピスラズリSと比べても
遜色がなく、むしろ裏付けが厚い分その組よりも基本信頼できるし、ここ4戦で
2回も負けた目の上のタンコブもいるが、どちらも前傾度の低い展開でのもの。
馬格があり、体力勝負歓迎というイメージの馬で、(連闘をプラスに捉えれば)
馬場適性の信用も担保されているだけに、十分有力な存在として扱える。
最内枠に入ったのは微妙だが、基本的には残るものとして考えたい。

▲ハクサンムーン
普通に考えれば当然上の存在として扱うべきだが、ハイペース戦への対応という
部分での信頼を本当にしていいのかどうか…。
それを克服したように一瞬思えるスプリンターズSに関しては、ロードカナロア
ですら差すのに苦労するような明らかな内先行有利な馬場で、今回はその時とは
状態が違い過ぎている。
勝ったら勝ったで素直にその成長を認められるし、負けたら負けたで適性が嵌る
本番で期待したい…という感覚だが、とりあえずは少し下げておく。

注プリンセスメモリー
一昨年のラピスラズリSのように、少し時計の掛かる実質的なハイペースという
条件は合っていて、その時の内容であれば普通に上位に扱える存在。
オーロCの内容から特に衰えなども感じないし、全く人気はしていないものの、
ここは少し注目してみたい。

△アフォード
しっかりした前傾レースのラピスラズリSを制して、枠的に今回もその時と同じ
ような競馬が出来そうだが、単純に地力の面でここで勝ち負けするところまでの
イメージが湧かない。
何も出来ない…ということはまずないが、そこそこの着になだれ込みが妥当。

△レオンビスティー
この馬の場合、絶対的なスピードの問題が間違いなくあって、その意味では今の
馬場は確実に味方になりそうな雰囲気。
ただし自身の内容的に、あまり前傾になり過ぎても良くないところがあるので、
鞍上がしっかり控える選択をすれば浮上の可能性もありそう。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事