2014年3月29日土曜日

毎日杯展望 2014


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2013 12.6-11.0-11.2-11.8-12.0-11.8-11.5-11.8-12.5
2012 12.9-11.2-11.7-12.9-12.6-12.3-12.0-11.3-12.7
2011 12.5-11.1-11.3-12.8-12.7-12.5-11.1-11.4-11.7
2010 13.1-11.4-12.1-13.0-12.7-12.9-11.5-11.1-11.5
2009 12.3-11.7-11.8-12.7-12.5-12.5-11.8-11.0-11.7
2008 12.7-11.0-11.3-12.1-11.9-11.7-11.8-11.3-12.2
2007 12.6-10.8-11.4-13.0-13.0-12.7-11.5-11.0-12.0

過去7年の平均ラップタイム
12.67-11.17-11.54-12.61-12.49-12.34-11.60-11.27-12.04
1.47.74




傾向(過去記事の一部修正)
過去の平均ラップタイムを見てみると、前半はミドルペース~やや速いくらいの
流れで、道中はしっかりと緩む展開になり、勝負所で一気に加速する、上がりの
速い形になっている。

前半、道中ともにかなり厳しい展開になった年も一応はあるが、コースの性質を
考えれば、一旦落ち着く形からの上がり勝負というのがまずは基本。

そうなれば当然、追走で無駄脚を使わないための(純粋な)持久力と、勝負所の
加速で主張できる切れ…という基礎性能(素質)が物を言うはずで、筋力で無理
矢理走るような馬や、持続力で粘り込むような馬はやや敬遠したいイメージ。

※締まった展開を、1分46秒台前半で突き抜けた馬はダービー馬になるので、
その点は特にしっかりと注目しておきたい。


好走する条件
・持久力&決め手があること


予想

◎パドルウィール
前走は、しっかりとした決め手を発揮して、十分な性能を示した格好で、単純な
パフォーマンス比較でも、ここでも普通に上位に扱えるくらいの内容だった。
更にその時は少し間隔が空いた状態で+18kgという馬体だったので、叩き2走目
となる今回は上積みも十分に期待できるはずだし、特に人気もしないということ
ならば、当然推してみたくなる。

○マイネルフロスト
前走はポジション的にこの馬の良さを消すような内容ではあったが、"速い脚"
という部分での裏付けには一応なったし、前々走は差し馬が嵌った展開で良く
粘っているように、地力の面でも普通に上位に扱える存在。
今回は最内枠を引いて、楽にポジションも取れるだろうし、普通に粘り込んで
いいはず。注目したい。

▲アズマシャトル
とりあえず、ベストパフォーマンスの千両賞では、道中でかなり脚を使いつつ、
しっかり決め手を発揮した格好で、内容的には1F長いここに十分つながりそうな
イメージにはなる。
結果的に3番手評価とはしたが、地力を考えれば頭まで十分あっていいはず。

注ラングレー
性能的なものは、前走や新馬戦で一応示しているし、東京スポーツ杯の締まった
展開でも崩れていない部分で、地力もある程度信頼できる。
小回りを器用に…というタイプではないので、京成杯で浮上できなかったことは
問題ないし、この舞台であればしっかり好走はしてくるはず。

△エイシンブルズアイ
前走は前半~道中で相当に脚を使わされた結果、最後は垂れる内容になったが、
(アズマシャトルとほぼ同じパフォーマンスだった)千両賞の内容を考えると、
一応は上位扱いになる。
やや人気し過ぎな印象だが、道中じっくり進められれば好走はできるはず。

△ステファノス
前走は、一応しっかり切れを示した内容…ということになるし、とりあえず適性
面での問題はない。
ただし厳しい展開の経験が皆無なので、地力の部分でどこまで対応できるのかが
結局は未知数。そこに目を瞑ってまで強く推すだけのものも現状感じない。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事