2018年12月19日水曜日

朝日杯フューチュリティステークス回顧(ラップ分析)2018


まとめ
  • ミドルペースから、一旦落ち着いて→仕掛けの早い展開。
  • (切れ&)持続力が問われた。

朝日杯FS結果

アドマイヤマーズ1.33.9 33.9 03-03
クリノガウディー1.34.2 34.0 04-04
グランアレグリア1.34.3 34.6 02-02
ファンタジスト1.34.5 33.9 06-06
ディープダイバー1.34.7 34.5 04-04
エメラルファイト1.35.1 33.5 14-13

天候:小雨 芝:良
上り4F:46.2 3F:34.4
前半4F:47.7
12.7-10.9-11.7-12.4-11.8-11.3-11.2-11.9




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいで入り、道中一旦しっかりと
落ち着きつつ→そこからすぐに加速して、上がり4Fの戦い…という形。

今回の場合、スタート直後はそれなりに脚を使っているが、道中は(かなり緩い
扱いの)平均ラップと同じ水準まで落ちている訳なので、やはりそこでしっかり
息を入れられた格好。

前後半4Fが 47.7-46.2 という、全体としても上がりの方に偏った展開で、好位の
馬が上位を占めたことは、まずは頷ける。

一方で、今回の大きな特徴として、ペースアップの早さ…というのが間違いなく
あって、レースを通してのラップは、京都で見られるような形をしている。

当然適性的には、(一定の切れももちろん必要だが)持続力を備えていることが
重要になったはずで、本来この舞台で問われるものとは少し違っていた…という
可能性はある。

そして、(直前から雨が降り出しているし)パワー寄りの馬場だったことも考慮
すれば、最後は粘り勝負という印象にはなって、単なる上がり勝負の前残りとは
違い、やはりある程度地力が反映された結果とは言えそう。

したがって、(恵まれた格好にも見える)上位の力は一応しっかりと認めつつ、
あとはこの先、展開&馬場に対する適性の部分で、細かく上げ下げしたい感覚。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アドマイヤマーズ
迫力ある走りで、早めに前を捕らえて→しっかりと押し切り。
上り坂&坂上の強さは、ダイワメジャー産駒らしい。
あまり"切れ"というイメージではなく、明らかにパワー系というタイプでも
あるので、展開&馬場が向いた部分はやはりありそうだが、単純に、これまで
示していたものとは水準が全く違う。当然その地力は認めたい。
この先に関しては、結構"長さ"のあるタイプなので、距離延長へもある程度は
対応出来て良さそうだし、少なくとも皐月賞は普通にこなせていいのかも。
当然、しっかりと注目していきたい。

クリノガウディー
ある程度好位のインから、勝負所ではあまり主張出来ないものの、直線では、
淡々と、しかし力強く脚を伸ばしての2着。
展開はハッキリ向いた形だが、地の強さは十分に感じられたし、(一旦落ち
着いた展開とは言え)マイルの流れにもしっかりと対応出来た…というのは、
この先に向けての大きな収穫。
タイプ的に中山には合っていそうだし、持続型の展開になる舞台での活躍は、
今後も十分に期待できるかも。

グランアレグリア
今回に関しては、輸送や、これまでのレースよりも前半で脚を使っていること
…など、敗因はおそらく複合的なもの。
しかし、中でも最も気になった点としては、走り自体が、あまり力感がなくて、
少し小さく(細かく)見えた…ということ。要は馬場。
"効率"が重要なディープ産駒ならではの負け…と言えば、そうなるだろうし、
とにかく推進力が感じられなかった…。
当然、問われる適性が変われば、普通に巻き返してきそうだが、現状"地の強さ"
というところが足りていなかったことも事実。
この先の大成のためには、その点の鍛錬が鍵にはなりそう。

エメラルファイト
最後方から、直線浮上し切れてはいないものの、しっかりと脚を伸ばした格好。
パワー系の馬場が向いた部分もあるだろうが、好位の馬が上位を占めた中で、
これは一応しっかりと評価しておきたいところ。
札幌2歳Sのような、本格的な地力勝負で(内容的に)敵わない馬もいるので、
トップクラス相手に勝ち負け…までは微妙だが、相手弱化のタイミングでは、
十分威張れていいはず。どこかで1つ重賞は獲れても良さそう。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事