2018年12月9日日曜日

カペラステークス展望(ラップ傾向&予想)2018



まとめ
  • 前半かなり速い流れから、後半はしっかり落ち込む展開。
  • 先行力&持久力が問われる。
  • 予想◎ウインムート

過去のラップタイム

2017 12.0-10.8-11.2-12.1-12.1-12.8 34.0-37.0
2016 11.8-10.4-11.1-11.9-12.0-13.0 33.3-36.9
2015 11.6-10.0-10.9-11.8-12.3-13.1 32.5-37.2
2014 11.8-10.4-11.1-11.6-11.9-12.7 33.3-36.2
2013 12.1-11.0-11.2-12.1-11.9-12.4 34.3-36.4
2012 11.9-10.6-11.7-12.4-12.1-12.1 34.2-36.6
2011 11.8-10.5-11.4-12.0-11.6-11.8 33.7-35.4
2010 11.7-10.3-11.0-11.9-12.1-12.7 33.0-36.7
2009 12.1-10.4-11.1-12.0-11.8-12.2 33.6-36.0
2008 12.1-10.0-10.6-11.5-12.0-12.5 32.7-36.0

過去10年の平均ラップタイム
11.89-10.44-11.13-11.93-11.98-12.53
1.09.90 33.46-36.44




ラップ傾向

(過去記事の転載)

過去のラップタイムを見てみると、前半が相当に速くなって、勝負所は何とか
踏み止まりつつも、後半はガクっとペースが落ちる展開。

ここの特徴は、やはり前半の極端なまでの速さだと言えて、速い流れへの対応力
(スピード)と、終いの部分を粘れる持久力を備えていることが必須となる。
(他よりも少し落ちついた年でも、結局展開的にはしっかりとした前傾)

脚質的には、前残りも差し決着もあってペース次第という他はないが、差し馬の
場合も、(個々のパフォーマンスとしては)前半しっかり脚を使っている内容を
示していて、やはりここでは、ハイペース耐性の裏付けだけは取っておきたい。


好走の条件
・先行力(スピード)があること(注:位置取りではない)
・高い持久力が必要



予想


◎ウインムート
プロキオンSのパフォーマンスは、2年前のノボバカラとほぼ同じ水準。
(マテラスカイはどれだけ強いんだ?ということになるが)
その時の、ハイペースで入り→上がりを粘った内容は、ここにつながっていい。
前走は、更なる超ハイペースに頑張ってついて行き→潰れる格好になったが、
馬場が重い中でもあったし、仕方のないところ。
今の中山の方が押し通しやすい状況だし、ここは巻き返しに期待。

○ネロ
前々走は、ハイペースを番手から粘り込んだ強い競馬。
前走は、中団インで砂を被り続ける…という中途半端な競馬。
芝のレースも含めて、本来は粘る…という方向に特化したタイプで、この舞台、
そして今の条件は悪くないはず。
この鞍上がどのような競馬をするのか?は分からないが、行き切るくらいの内容
であれば、可能性としては十分あって良さそう。

▲コパノキッキング
この2戦は、(アクシデントもあったが)どちらも自身後傾の内容で勝利。
地力が反映されづらい展開で、結果も際どくなったが、本来はもっと出来る馬。
大阪スポーツ杯のように、ハイペースで差し有利な流れをまずまず粘った内容も
あるし、ここの展開をこなす可能性は十分にあっていい。
その時もう少しだけ粘れていれば本命にしたと思うが…、扱いは当然上位。

注ナンチンノン
いつ来るのか?なかなか掴みどころのないタイプだが、ここ2年の3回の連対に
共通しているのは、どれも平均を上回った流れ…ということ。
特に中山の2戦は超のつくハイペース。攻め切って→粘り込む形でこそ。
昨年も結局負けているので微妙だが、本来今の時期の方が良さが出せそうだし、
好走の可能性はとりあえず考えておきたい。

△キタサンミカヅキ
近走のハイペース戦の中で、しっかりと結果を出していて、地力は当然上位。
しかし内容としては、最後の惰性の部分で、やや他力本願的に浮上…という印象
にはなって、今の速い馬場の中山につながるか?は微妙。
差しが決まりやすくなる、渋った馬場ならまた話は違ってくるのだが、雨予報
でもないし、ここは相手の1頭までとしたい。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事