2019年6月11日火曜日

2019年6月8・9日 東京ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※エプソムCのトコトン簡単な回顧あり。
土曜2R テーオーダンケルク
土曜10R エルデュクラージュ、ワンダーウマス
日曜2R グロリアスホープ
日曜3R エスタジ
日曜5R ワーケア
日曜7R ギガバッケン他

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R

馬場を考えても道中が締まって、上がりも全く止まらない形。水準高い。
テーオーダンケルクを筆頭に、上位の地力は認めておきたい。

3R


4R


5R


6R


7R


8R


9R


10R

かなり落ち着いた入り方だが、道中以降はビッシリ(完全にマイル水準)。
勝ち切ったエルデュクラージュ、道中押し上げつつ→粘り込んだワンダーウマス
地力(持続力)は認めたいところ。

11R


12R




日曜


1R


2R

グロリアスホープ
大きな緩急がつく形だが、全体としての水準は高め。完勝に近い内容で勝ち
切った地力は認めたいところ。

3R

エスタジ
後ろを寄せつけず圧勝。水準も高め。その地力は認めたい。

4R


5R

ワーケア
ほぼ直線勝負だが、性能を示す指標はまずまず高く出た。注目はしたい。

6R


7R

道中で一旦落ち着いた場面はあったが、全体としての水準は高め。
体力勝負で、経験の浅い3歳馬には少し厳しかった…という雰囲気。
ギガバッケンを筆頭に、上位の地力は認めておきたい。

8R


9R


10R


11R



超スローからの→直線勝負。
馬場の影響で後ろが上げ切れなかった部分はあるが、さすがに前有利。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事