2019年9月26日木曜日

2019年9月21・22日 阪神ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※神戸新聞杯の簡単な回顧あり
土曜7R オーヴェルニュ
土曜10R ブランノワール
土曜12R コマビショウ
日曜5R チュウワノキセキ
日曜7R ソシアルクラブ
※日曜は風の影響が大きそう(直線追い風方向)。

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R


7R

オーヴェルニュ
単純に水準高め。道中締まった流れから→上がりもしっかりとまとめての圧勝。
その地力はしっかり認めておきたい。

8R


9R


10R

ブランノワール
馬場考えればそこまでの流れではないが、全体としての水準はまずまず。
完勝した地力(性能)は認めておきたい。

11R


12R

コマビショウ
前半かなり速い流れで、展開的には恵まれた格好だが、全体としての水準も
高く、やはり圧勝した地力は認めておきたいところ。



日曜


1R


2R


3R


4R


5R

風の影響感じるが、新馬戦としては、地力&性能ともに指数は高く出た。
チュウワノキセキを筆頭に、上位の実力は認めておきたい。

6R


7R

ソシアルクラブ
前半向かい風の影響もありペースが上がらないが、その分道中~上がりは
しっかり。水準も高く、完勝の地力は認めておきたい。

8R


9R


10R


11R

2019神戸新聞杯ラップ
12.9-11.3-12.9-13.1-13.2-13.5-13.3-12.5-11.8-10.8-10.2-11.3



向こう正面が向かい風というのはあるが、馬場は速い訳だし、やはりスロー。
その後ラスト5F~2Fで大きく加速する展開。シンプルな切れ勝負。

サートゥルナーリア
前が溜め逃げをしたことで、この馬の性能がいかんなく発揮された格好。
直線追い風方向というのもあったが、とにかく後半のギアチェンジは別格だった。
古馬G1で切れのみの勝負…というのはなかなか難しいが、勝負を決める場面で、
これが1つの大きな武器になることは間違いない。
とりあえず、JCあたりで(出来ればあの馬との対決も含め)見たいところ。

ヴェロックス
とりあえず今回は、相手の土俵で相撲を取った…という雰囲気。ジャスタウェイ
産駒全般の課題でもあるし、負けたこと自体は仕方のないところ。
そのことよりも、好ポジションから→上がりをまとめる…という競馬で、本番に
向けてはいい予行演習になったイメージだし、視界良好とは言っておきたい。
東を経由した馬との兼ね合いにはなるが、当然注目しておきたい。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事