2019年9月12日木曜日

2019年9月7・8日 中山ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※紫苑S、京成杯AHの簡単な回顧あり
土曜5R ブレッシングレイン、ブリジャール
土曜8R スズカユース、コウギョウブライト
土曜10R ジョーアラビカ他
日曜6R アルマスティング、マックスアン、マンナム
日曜10R レッドアネラ他
日曜11R トロワゼトワル

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R

馬場は速いが、まずまずの流れから→後半加速し続ける展開。
ブレッシングレインブリジャールの性能は認めたい。

6R


7R


8R

前半少し落ち着いたが、その分後半でしっかり回収。後ろを大きく離した
スズカユースコウギョウブライトの地力(&持続力)は認めておきたい。

9R


10R

馬場速過ぎで、もう1400mのラップ…。でも水準としてはまずまず。
ジョーアラビカを筆頭に、上位の一定の地力は認めておきたい。

11R

2019紫苑Sラップ
12.2-11.1-12.2-12.3-12.7-11.8-12.0-11.5-11.0-11.5



(馬場を考えれば特に)落ち着いた流れから→(2段階気味の)上がり勝負。
好位の馬がそのまま押し通したレースだが、恵まれた立場の上位馬も、それぞれ
他のレースで地力はしっかりと示している訳だし、何だかんだ力はある程度反映
されたイメージではある。

もちろん、緩い流れに少しつき合ってしまった感のあるカレンブーケドールや、
(緩い区間で押し上げた好騎乗ではあったが)後ろから外を回して浮上して来た
レッドベルディエスなどの巻き返しはあり得るし、細かい上げ下げはしたい。

12R




日曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R

締まった展開で、水準もまずまず高い。後ろを離した格好のアルマスティング
マックスアンマンナムの地力は認めておきたい。

7R


8R


9R


10R

速い流れ&締まった展開。水準も高め。
レッドアネラを筆頭に、上位の地力は認めておきたい。

11R

2019京成杯AHラップ
12.3-10.6-10.4-10.9-11.2-11.4-11.5-12.0



超ハイペース。(馬場差を考えても前半は速い)
絶対的に高いスピード水準故に、最後はみんな脚が上がってしまったイメージ。
(たとえ上がり3Fで速いタイムを記録していても、坂上は惰性に見える)
ロスなく回した馬が優勢。持久力&持続力が問われた。

トロワゼトワル
基本的にレコード勝ちする馬は、道中~上がりという脚の使い方…というのが
パターンで、ノームコアもレオアクティブもその例外ではない。
その点この馬は、軽斤量ではあったが、飛ばした逃げからの→レコード&完勝。
この結果にはやはり価値がありそう。
内容的には距離短縮方向?と安易に考えてしまいそうになるし、京都マイルに
どこまでつながるのか?というのはあるが、当然注目はしていきたい存在。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事