2019年11月1日金曜日

ファンタジーステークス展望(ラップ傾向&予想)2019



まとめ
  • 前半ミドルペースで、基本的にはフラットに近い展開。
  • スピード持続力が問われる。
  • ◎ヤマカツマーメイド

過去のラップタイム

2018 12.4-11.3-11.8-12.1-11.5-11.3-11.4 35.5-34.2
2017 12.7-11.6-12.0-11.7-11.4-11.7-11.8 36.3-34.9
2016 12.5-11.2-11.8-11.8-12.0-11.1-11.4 35.5-34.5
2015 12.3-11.0-12.1-12.3-11.5-11.2-11.5 35.4-34.2
2014 12.3-11.1-11.9-12.0-11.6-11.3-11.5 35.3-34.4
2013 12.3-10.9-11.1-11.5-11.3-12.0-12.0 34.3-35.3
2012 12.7-10.9-11.1-11.2-11.8-11.5-11.6 34.7-34.9
2011 12.3-10.6-11.2-11.8-11.8-11.6-12.0 34.1-35.4
2010 12.3-10.9-11.6-11.8-11.4-12.1-12.2 34.8-35.7
2009 12.2-10.7-11.6-12.0-11.9-11.3-11.5 34.5-34.7

過去10年の平均ラップタイム
12.40-11.02-11.62-11.82-11.62-11.51-11.69
1.21.68 35.04-34.82




ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見れば、前半ミドルペースくらいの流れで、その後は一旦は落ち
着くものの極端には緩まず、ラストまで一定に近いスピードを維持する形。

とりあえずここは、"4F目の速さ"が特徴とも言えるコースだが、実際に2歳戦の
このレースでも極端に締まった展開が何回も現れているように、基本となるのは
やはり"スピード持続力"ということになる。

近年は前半が少し落ち着く傾向にあり、前傾の展開が基本だった以前と比べて、
性質が変わりつつある雰囲気だが、実際のところ、切れタイプが好走している
のか?と言えばそうでもない。
適性的には、やはり持続力という方向性の馬を中心に考えたい。


好走の条件
・スピード持続力を持っていること



予想


◎ヤマカツマーメイド
前走は、締まった展開に引っ張られて、自身も高い水準のラップを踏みつつ→
上がりをしっかりまとめての勝利。前々走でも、極端に厳しい展開を押し切って
いて、地力は十分に認められるし、単純なパフォーマンス比較から、とりあえず
ここは上に扱っておきたい存在。
積極的に行き過ぎた場合のリスクはあるが、そこは鞍上のペース判断に期待。

○クリアサウンド
新馬戦は、前半~道中をまずまずの水準で進めつつ→上がりをまとめての勝利。
ある程度長さのあるタイプ的に、ここでもう1度距離短縮という点がどうか?
とも思ったが、京都外回りなら特別に問題にはならないだろうし、初戦からの
パフォーマンス的な前進を考慮すれば、やはり十分戦えて良さそう。
2番手にはしたが、可能性としては頭まで。

▲パドゥヴァルス
新馬戦は、前傾の展開に引っ張られつつ、最後しっかりとした脚を使って勝利。
馬格はないが、フットワークがかなり良くて、距離延長は問題ないだろうし、
現状裏付けは厚くないが、単純に性能の部分で上という可能性もありそう。
荒れてきている今の馬場がどうか?というのはあるが、今週からはBコースに
替わるし、やはり注目はしてみたい存在。

注シャレード
同じ中京7Fデビューということで言えば、その時示したパフォーマンスは一応
クリアサウンドを僅かに上回る。
ゆったりしたイメージではあり、もう1F延長した方が…という点で、結局評価は
少し控えたが、パワー寄りのタイプで今の馬場なら…という部分もある。
最後の惰性部分は強そうなタイプ。他も含めて早めに脚を使い切る展開なら。

△レジェーロ
前走は、まずまずの水準で進めつつ→上がりをしっかりまとめての完勝。
前半部分が向かい風だったことを考えれば、額面よりも厳しいラップを踏んだ
扱いになるし、地力の部分ではやはり上位に扱って良さそう。
上の2~4番手の馬は前進度込みでの評価。それらが案外…な結果に終わるよう
なら、当然繰り上がって上位に食い込む可能性もあるはず。

△レシステンシア
新馬戦は、(今回最も評価した)ヤマカツマーメイドの前走と同水準の厳しい
ラップを踏みつつ→押し通した内容。
もちろん、こちらは上がりの部分を落としているので、全体のパフォーマンスは
当然差があるのだが、初戦ということを考えれば、ある程度は目を瞑れる。
2戦目の上積みがあれば、可能性としては好走もあって良さそう。

△モズアーントモー
前走は、前半かなり厳しい展開を好位からの押し切り。地力を示した。
(その前走はともかく)初戦も含めて考えると、もう少し末が伸びれば…という
部分はあって、上がりをある程度まとめることが求められるここにピッタリとは
いかないかも知れない。(もしかしたら距離短縮方向かも)
それでも、今回は展開が厳しくなる可能性もあるし、粘り込む目はあるかも。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事